コングルーエンシー

もしあなたが「会って話すのは大丈夫なんだけど、電話は苦手」「顧客との交渉ごとは会って話をしないと・・電話だと上手くいかない」と感じているとしたら、電話で話をしている時に「見られていないから」と思って、寝転んで話をしたり、雑誌を目の前に広げながら話していませんか?
寝転がって話をしたり他事をしながら話をしすと、声に感情がこもらないので相手に気持ちが伝わらないのです。

実験をしてみてください。
完全な無表情を作って「今日はお話できて本当に楽しかったです」と言ってみるのです。その時の声を録音して後から自分の言葉を聞いてみましょう。目を閉じて聞くよくわかります。全く心がこもっていないと感じるはずです。
自分では心を込めて話したつもりでも無表情のまま話をすると全く声に感情がこもらないのです。

電話の相手が声だけしか聞いていないと思って気をぬくのは大間違いです。
普段は視覚、聴覚、身体感覚に分散している相手の意識が聴覚に集中しているわけですから、対面で話している時より、相手は微妙な音の変化を感じ取りやすくなっているのです。
ですから「電話をしているときの表情や姿勢、態度まですっかり見られている」と思って電話してちょうど良いのです。

英樹シャツ2

コミュニケーションにおいては言葉や声のトーン、仕草、姿勢、表情などの全てのコミュニケーション要素が、矛盾せず同じことを表していることがとても大切なのです。(これをコングルーエンシーと言います)
声しか聞えないという安心感から表情や仕草などが話していることとツイツイ矛盾しやすくなりがちです。
コングルーエンシーが崩れたコミュニケーションは真意が伝わらなくなってしまうだけでなく、誤解されやすくなってしまいます。
面と向かってのコミュニケーションは得意なのに電話での会話が苦手だという人は、ほとんどのケースで電話の時コングルーエンシーが崩れたコミュニケーションをしています。
電話で話をする時は相手を目の前にイメージして、その相手と話をするつもりで話ましょう。そうすることでコングルーエンシーが生まれ、声や言葉に最大限に感情がこもります。
コミュニケーションは相手と一緒に作るものですから、そうなると相手の言葉にも感情がこもってきます。
お互いの気持ちを理解しやすくなるのです。


コミュニケーションのスキルを身につけ
快適な人間関係を実現するための講座です。

コミュニケーション講座について