ご予約バナー

こんな経験はありませんか?

  • あの人の意見は通るのに私はいつも認められない
  • なぜか馬鹿にされやすい
  • 人前に出ると緊張してしまう
  • 思った事が伝えられない
  • 誤解されやすい etc

人間関係やコミュニケーションがうまくいかない原因を「自分の性格のせい」だと決めつけていませんか?

ポイント

ポイント

「自分の話が伝わらない」のも「誤解されやすい」のも、実はコミュニケーションスキルの未獲得が原因である場合が多いのです。

コミュニケーションの要素

コミュニケーションの要素が言葉だけだと思っている方は少なくないようです。
しかし、コミュニケーションで人が使っている要素は言葉だけではありません。

言葉以外の要素をふんだんに使ってコミュニケーションを行っているのです。

コミュニケーションの要素

コミュニケーションの要素

この言葉以外の要素にどんなものがあるのかを知って、「なぜ、コミュニケーションのパターンがいつものようになるのか?」がわかれば、そこを改善するための練習を行っていくことで、そのパターンは起きなくなっていきます。

また、

  • 緊張しやすい
  • 人が信じられない
  • 自分に自信が無い
  • 人前で自分らしく振る舞えない etc

といった問題も、リラクセーション・スキル・トレーニングや認知行動療法に取り組む事で改善していきます。

バーバルとノンバーバル

言葉を使ったコミュニケーションをバーバル(コミュニケーションの10~30%)と言いますが、これに対して、言葉を使わないコミュニケーションをノンバーバル(コミュニケーションの70~90%)といいます。

ノンバーバルの中に含まれるボディーランゲージやパラ・ラーンゲージは、人間が言葉を獲得する前から使っていたコミュニケーションなので、ツバメがが自分の巣を誰にも教えられなくてもツバメの巣を作るように、遺伝子の記憶に組み込まれたコミュニケーション要素です。

こうしたコミュニケーション要素の意味を知って、「なぜ そうなるのか?」を理解した上で、必要なコミュニケーション・スキルを獲得していきましょう。

仲間

人間関係はコミュニケーションスキルで大きく変わります

言葉以外の4つの意思表示

  1. パラ・ランゲージ
    話す時の声の大きさや調子、スピードなどで伝える方法
    同じ内容の話でも、自信満々に大きな声で話すのか、小さな声で話すかで伝わり方がずいぶん変わりるものです
  2. ボディー・ランゲージ
    表情やジェスチャーによって、伝える方法
    アイコンタクト(目と目で意志を伝える)などもこの範疇に入ります
  3. パーソナル・スペース
    互いの距離や話す時の立ち位置、体の角度、また触覚や嗅覚にも関連があります
  4. セルフ・プレゼンテーション
    身につけたりするものを通して自己を主張すること
    自分のアイデンティテイーを物に変えて表現します
    ブランド物を身につけたり、高級車に乗ったりするのがこの心理です

自分が不足しているスキルを、経験豊富なカウンセラーがカウンセリングを通して見つけて、スキル向上のサポートをいたします。

→基礎レッスン関連記事を見る

→発展レッスン関連記事を見る

→付加レッスン関連記事を見る

→応用レッスン関連記事を見る

→お問い合わせ・ご予約

ご予約バナー