メンタルトレーニングバナー

ベーシックプレジャーを自分の意思で選択する

メンタル強化のアドバイス

これまでの様々な経験から、自分では知らないうちに潜在意識の中にベーシックプレジャー作られています。
これまでにご説明したように、ベーシックプレジャーはその人が「心地よい」と感じる出来事や状況の方向性や質を決定しているので、ベーシックプレジャーに沿った言動をとることで、心地よさを感じてセルフイメージが大きくなって高いパフォーマンスを出せるようになります。

つまり潜在意識の中に「どんなベーシッックプレジャーが形成されているか?」ということが、パフォーマンスの質に大きく影響するということです。
ですから、安定した質の高いパフォーマンスを出し続けるためには、「パフォーマンスの質の向上につながる出来事や状況を、心地よいと感じるようなベーシックプレジャーを形成していくこと」がとても重要な作業なのです。

例えば「走る=辛い」というベーシックプレジャーが形成されていると、走ることで心の状態がアンフルネスになるので、パフォーマンス(トレー二ングの効果)は低下してしまいます。
「走る=辛い」というベーシックプレジャーが「走る=楽しい」になれば、走ることで心の状態がフルネスになってパフォーマンスは向上します。

つまり、同じ「走る」というトレーニングをしても、ベーシッックプレジャーがどのように定義づけられているかによって効果が変わるってしまうのです。
そして、その積み重ねはさらに大きなパフォーマンス(結果)の差につながっていきます。

心の状態とベーシックプレジャー

トレーニングの効果(結果)の差が生まれるのは、才能以外にどんなベーシックプレジャーが定義づけされているか?ということが強く関係しているということです。
ですから頑張っているのに結果がついてこないという場合、現在のベーシックプレジャーがパフォーマンスの低下につながるように潜在意識の中に定義されているかもしれません。

ベーシックプレジャーがパフォーマンスの低下につながるような定義のままでは、トレーニング中のパフォーマンスが低下し、効果を得にくくなってしまうからです。

ベーシックプレジャーの定義は、過去の自分の経験によって行われています。
例えばタバコ・・最初は美味しいと思わないのに何かに憧れて、煙草を吸うのがカッコイイといった情報をもとに煙草を吸い続けると、煙草を美味しく感じるようになります。

ビールなどもそうでしょう。
最初からうまいと思う人もいますが、ほとんどの場合、最初は苦くて不味い煙草やビールが楽しい感覚、心地よい感覚の中で繰り返すことで、とても美味しく手放せない物に変わっていくのです。

どんなベーシックプレジャーが形成されることがパフォーマンスを向上させることになるかを考えてみましょう。
そして、パフォーマンスを向上させるベーシックプレジャーが潜在意識の中に定着させる取り組みをしていきましょう。

パフォーマンスの向上につながるベーシックプレジャーを、心地よいという感覚と繰り返し結び付けて使うことで、そのベーシックプレジャーが定着していきます。
そうなれば同じことをしていても、心がフルネスになりパフォーマンスが向上し、より高いパフォーマンスを安定して出すことができるようになっていきます。



岐阜市の心理カウンセリング「メンタルフィットネス」
ご連絡お待ちしています!

電話するボタン