うつ病について

うつ病とは「気分障害」の一種で、抑うつ気分や不安、焦燥、精神活動の低下、食欲の低下、不眠などを特徴とする心の病気です。
国際的に権威がある診断基準(DSM-ⅣとICD-10)では気分障害に分類されます。

気分障害というのは、落ち込んだ気分が続いたり、普通ではない気分の高揚状態が続いて生活上何らかの障害が起きているという意味です。
気分障害は、一般的に知られている病名で言えば「うつ病」や「躁鬱病」のことを指します。
うつ病
しかし、うつ病や躁鬱病には様々なパターンがあります。
脳内のモノアミン(セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなど)といわれている系統の神経伝達物質の極端な変化によっていき起こされる脳の機能障害と考えられています。

うつ病は従来、心の病気とされてきましたが、脳内に不足している下記のような神経伝達物質を促進させる薬物療法などが主流になってきています。
しかし、薬物療法で完了するものではなく、それ以外のアプローチの併用が必要であると考えられます。
健康なライフスタイルや効果的なストレスコーピング(メンタルタフネス)、社会的支援を得られるようにすることも大切でしょう。

うつ病は、あまり生活に支障をきたさないような軽症例から、自殺企図などの生命にかかわる重症例まで存在します。
「最近不調だ」「仕事で行き詰っている」「成果が上がらないで行き詰っている」などというときは、軽症のうつ病の可能性もあります。
うつ病には、日内変動が見られ、朝方や午前中に症状が強く出ます。男女比では、男性より女性のほうがうつ病になりやすいといわれています。

うつ病の診断基準は、2つの主要症状が基本となります。
それは、「抑うつ気分」と「興味・喜び」の喪失です。
うつ病

抑うつ気分とは、気分の落ち込みや、何をしても晴れない気分や、空虚感、悲しさなどです。
興味、喜びの喪失とは、以前まで楽しめていたことにも楽しみを見出せず、感情が麻痺した状態です。
この2つの主要症状のいずれかが、うつ病を診断するために必須の症状とされています。

これらの主要症状に加えて、抑うつ気分と類似した症状として、「自分には何の価値もないと感じる無価値感」、「自殺念慮・希死念慮」などがあります。
これらのグループの症状をまとめると「気分が落ち込んで嫌な毎日が続き、自分には存在している価値などなく、死にたいと思う」という訴えということになるでしょう。

興味・喜びの喪失と類似した症状としては、「気力の低下と易疲労性」、「集中力・思考力・決断力の低下」があります。
このグループの症状をまとめると、「何をしても面白くなく、物事にとりかかる気力がなくなり、何もしていないのに疲れてしまい、考えがまとまらず、小さな物事さえも決断できない」という訴えとなります。

さらに、これらの精神症状に加えて、「身体的症状」として、食欲、体重、睡眠、身体的活動性の4つの領域で、明らかな減少または、増加が生じてきます。
訴えとしては「食欲がなく、体重も減り、眠れなくて、イライラしてじっとしていられない」もしくは「急に食欲がでて、食べ過ぎになり、いつも眠たくて寝てばかりいて、身体を動かせない」というものです。
このような状態が2週間以上続いたら専門家に相談することをお勧めします。