気持ちの落ち込みが続いている人

通常は気持ちが落ち込んでも

  • 時間が経過する(数時間~数日)
  • 気晴らしをする

などである程度気分が改善して、辛さや苦しさを抱えながらも少しずつ前向きになっていくものです。

しかし、

  • 落ち込みの強度があまりにも強すぎる
  • 落ち込みの期間が長すぎる
  • 落ち込みの原因を遠ざけることができない

などの理由で生きていくことに前向きな気持ちを失ってしまうことがあります。
(気分の落ち込みや意欲の低下が2週間以上続く場合は、早めに専門家に相談したほうが良いでしょう。)

あまりにも強い落ち込みが長期間続くと身体的にも精神的にも負担がかかりすぎて、精神的な症状がうつや不安障害などとして現れたり、身体的な症状が胃潰瘍や円形脱毛症などとして現れてしまいます。
身体的・心理的症状
このように精神的、肉体的症状が進行してしまうと、回復までに数ヶ月から数年、さらにはそれ以上かかってしまう場合があります。
そして、こうした状況から脱出するために様々な対策をとっても1人ではどうしようもなくなる場合があるものです。

こうした場合、日本では友人に相談するとか、上司に相談する、身内に相談するといった身近な存在に相談して解決しようとするケースが多いようです。
もちろん、そうした方法で解決できれば良いのですが、相談相手が身近である分かえってしがらみができてしまったり、後から行動がしにくくなってしまっりして、かえってストレスを大きくすることもあるようです。

カウンセリングというと、うつ病や不安障害など、精神的な問題を抱えた人が受けるものだと考える人がまだまだ多いようですが、できれば、「心の健康定期診断」といったつもりで、早めにカウンセリングを受けていただけると良いでしょう。

カウンセラーに相談すると?

身近な人に相談する場合とカウンセラーに相談する場合何が違うのかというと
約束

【秘密厳守】

カウンセラーには守秘義務というのがありますので、どんなことを話しても外部に漏れることはありません。
(殺人計画など緊急対応が必要な場合を除きます)

【傾聴】

カウンセラーは、心理学的な専門家ですから、叱責や批判によって人が変化しないことを十分理解しています。
そして人の話を心から傾聴し、ともに感じることによってのみ、心を理解し、その方の苦しさや辛さを緩和できることを知っています。

ですから、カウンセラーから批判されたり、否定されたりすることはありません。
自分の思いや感情をそのままぶつけることができます。

【ナビゲーター】

カウンセラーは心理学的な専門家です。
一般の人に比べて心理的問題の解決方法を知っていますし、心の仕組みを理解しています。

ですから、カウンセリングの中で相談者に必要な問題解決のためのスキルや方法、考え方を見つけて提案してくれます。
こうした場合、背景に大きな心の問題がある場合を除いて、数回程度、中には1回のカウンセリングで心が軽くなって、前向きに生きる意欲が湧いてくる方もいらっしゃいます。

ひとりで苦しまないで大きな問題になる前にはやめにカウンセリングを受けてみると良いでしょう。
また、何度かカウンセリングを受けているうちに、自分のストレスや落ち込みに対する対処スキルを高めることができますので、自分で自分をカウンセリングすることも可能になるでしょう。