初期のカウンセリングでは、相談者様が現在抱えている苦しさやつらさを、カウンセラーと共有できるように、相談者様の考え方や感じ方を真摯に聴かせていただきます。

  • 問題が限定されている場合や、心理的背景を改善する必要のない場合は、この1回のカウンセリングで気分が改善し、前向きに人生に取り組めるようになる方もいらっしゃいます

約束

 

価値を理解する方法

【認知行動療法による認知の癖やルール・行動パターンの見直し】

絶えず自分を苦しめる考え方の癖やルール(~べきという考えなど)が自分の価値を見つける邪魔をして自分を苦しめるのですが、これは、過去の経験とその解釈の仕方生まれたものです。

こうした考え方の癖やルールは見直して評価し直すことで少しずつ変化していきます。
このことをリフレーミングと言います。

自分の事としてとらえるのは難しいでしょうから、周りの人のこととして考えてみてください。
例えば、友人が約束の時間に大幅に遅れてきます。この出来事について最初は

「私を待たせるなんて、なんて人の気持ちの分からないだらしない人なんだ」と考えているかもしれません。
そうすると、腹が立って腹がたって、気持ちがおさまらなくなるでしょう。

もし、同じ出来事に対して、「この人は時間に縛られないおおらかな人なんだなぁ~。私が何か失敗しても許してくれるかも・・・」と考えると、なんかホッとしたり、安心したり、自由な気分になったりするかもしれません。

同じように、自分への評価や味方についても同じようことができるのです。
自分に対して肯定的な見方ができるように練習したり、そうした見方が出やすいような心理的背景を作り上げたりすることによって自分をドンドン好きになり、もっともっと楽に生きることができるようになります。

【潜在意識のコントロール法を覚える】

潜在意識のコントロールというと何か怪しげに感じる人が要るかもしれません。
しかし、こうした技術は、スポーツの分野でもメンタルトレーニングとして取り入れられ、今では当たり前のように利用されています。

イメージングや協力催眠、瞑想といった潜在意識のコントロール法を理解し、利用するスキルを身につけることによって、人生をより豊かなものにすることができます。

【もっとアクティブになるためのスキルを身につける】

  • 人と話すことが苦手な人はコミュニケーションスキルトレーニングや自己主張トレーニング
  • 意志が弱い人はメンタルトレーニング

といった形で、自分をより好きになるための技術を身につけていただきます。

自分をもっともっと好きになれるのです。

自分を好きになれば人生ももっと楽しくなります。
今の自分を今すぐ100%好きになることはできなくても、今より、10%、今より20%好きになれるだけでも、生きるのが楽しくなってきます。

その繰り返しで、自分のことをもっともっと好きになっていくことができるのです。