シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

アクティベーションスキルの発展インフルーエンス・パワー

シェアする


「インフルーエンスパワー」というアクティベーションスキル

自分の周囲の人間、自分が関わる組織の人間の力を最大限に引き出し、最高のパフォーマンスを残すためには、自分がフルネスな状態を維持できるだけでなく、自分の周囲や、自分が関わる組織の人間をフルネスに導いていく必要があります。

アドバイスする女性アクティベーションスキルには自分自身をフルネスにするセルフカレッジのスキルだけではなく、周りをフルネスに導くインフルーエンスパワーというスキルも存在するので、ここからは、インフルーエンスパワーについて検討していきたいと思います。

パフォーマンスを向上する要素

パフォーマンス(成果、結果)の構成要素には、

  • 技術、スキル(競技、開発、育成など)
  • マインド(心の状態)

があるのでパフォーマンスを向上させたいなら、技術やスキルの向上だけを考えてもうまくいきません

なぜなら、パフォーマンスは心の状態(マインド)に影響を受けるからです。

パフォーマンス・レベル≒先天的性質+基礎レベル✖️心の状態

つまり、パフォーマンスを向上させたいのであれば、マインドへの働きかけが必須だという事なのです。
相手のマインドに働きかけることができるようになれば、相手がフルネスに傾いて自分自身もさらにフルネスな状態へと導くことにも繋がるでしょう。

インフルーエンスパワー

自分がフルネスに傾き、相手がフルネスになり、自分自身がさらにフルネスになっていくという好循環を生んでいくためには、

  1. 自分自身をフルネスに導くセルフカレッジ
  2. 技術・スキルを向上させる指示力
  3. マインドをフルネスに導くインフルーエンス・パワー

の3種類の力が必要なの事です。

これらをバランス良く磨いて実践することが、個から全体、全体から個へというフルネスの波を共有することにつながるのです。
「あの人の所にいると、なんか元気なる」「あの人といると、なんかやる気になる」というのは、その人に「セルフカレッジ」と「インフルーエンス・パワー」というアクティベーションスキルが備わっているからなのです。

セルフカレッジのスキルを磨き続けながら、インフルーエンス・パワーのスキルも磨いて周囲・組織の最大のパフォーマンスを引き出す力を身につけていきましょう。

応援する男女のトレーナー

※技術・スキルを向上させる指示力については触れません。ここからはインフルーエンスパワーについて検討していきます。


スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告

コメント

  1. […] そして、インフルーエンス・パワーを高めることで、周りの人々をフルネスに導き、さらに自分自身をフルネス・ステートにとどめる力を磨いていくのです。 […]

  2. […] 響を与えるのではなく、自分の行動(態度・生き方)を見せることで、周囲へのインフルーエンス・パワーを生み出すのです。 言葉を投げ掛けるだけでは人の心は動きません。 まして […]

  3. […] ションを「バリューコミュニケーション」(価値伝達)といいます。 バリューコミュニケーションのスキルは周囲をフルネスに導くインフルーエンス・パワーに大きな影響を与えます。 […]