「読み取る」は高度なスキル

話が苦手だという人の多くはコミュニケーションのなかで一番高度なスキル「読み取る」を最初にしてしまう傾向があります。
ポイント十分に聞く、理解する、観察する、考える、話すというスキルが身につく前に「読み取る」という一番高度なスキルに挑戦することで、うまくコミュニケーションが取れなくなってしまうのです。

例えば、

  • 私の話なんてつまんないだろうなぁ
  • 嫌われてしまった
  • 怒ってるのかなぁ

などなど、相手の表情や雰囲気を読んで相手の気持ちを読み取ろうとするのです。

  • 口調が強くなった
  • キツイ言葉だった
  • 目が強かった

など、様々な条件から相手の心の状態を読み取ろうとするのですが、読み取る前の基礎的な聞く、理解する、観察する、考える、話すというスキルが不足しているので、

  • 心の状態を「読み取る」ことに集中できなくて、相手の発信する一部の情報だけしか認識できないこと
  • 普段からの相手の自然なノンバーバルを観察していないため、相手の癖や習慣を意味のあるノンバーバルとして認識してしまうこと
  • 心の状態を「読み取る」ためのノンバーバルの知識がないため誤った読み取りをしてしまうこと

などから、正確な読み取りができず、これまでの経験から得た自分や人への基礎的な判断基準(スキーマ)に従って誤った読み取りをしてしまうことで動揺してしまうのです。

コミュニケーションスキルの階段2

コミュニケーションスキルの階段2

間違った情報に基づいて・・

「読み取るためのスキル」が不足して、スキーマに操られて読み取った情報のほとんどは間違っているのですが、その間違った情報に従って思考、行動することでコミュニケーションの質が低下してしまって、相手とギクシャクしてしまうのです。

実際のところ読み取るためのスキルが不足している状態で読み取ったことの9割以上は間違っていると言われています。
つまり、9割以上誤った情報に従って思考、行動しているということになってしまうのです。

人と話すのが苦手だ、コミュニケーションがうまく取れない・・と感じている人は、もっとも高度なコミュニケーションスキル「読み取る」を後回しにして、まずは聞く、理解する、観察する、考える、話すという基礎スキルを十分に身につけましょう。そして、

それらが身についた後、さらに高度なコミュニケーションを身につけたい方はノンバーバルコミュニケーションについて学んでスキルアップしていくようにしてください。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。