認識→認識の癖を見直して意味づけを変化させる

認知→認識の癖を見直したい場合は認知療法を用いると良いでしょう。
認知→認識の癖は経験から後天的に身につけたものです。

ポイント

ポイント

そして一度身につけた癖(ルールや思い込み、スキーマ)を点検したりすることはほとんどありません

日本でずっと暮らしている人がが、なぜ車両が左車線を走らなければならないかを考えないのと同じように、一度とらわれてしまうと、それ以上考えなくなってしまうからです。

ですから、認知療法などを使って、現在のルールや思い込み、スキーマについて再点検して、必要があればそれらを見直し、現状を改善したり、目標への後押しをしてくれるものへと見直してみましょう。

安全点検

認知療法で心の安全点検

現在の認知→認識の癖を知り、なぜアンフルネスに傾きやすいのかを認知、認識の癖から見直せるようになると、その癖を修正し、自分自身をフルネスに導きやすい認知→認識のパターンを見つけることが上手になっていきます。

メンタル・トレーニングで用いる認知療法は、自分自身をアンフルネウに陥れる癖を見つけ、フルネスに導くパターンを見つけるスキルを向上させ、そのスキルを定着させていくことが目標になります。

認知と認識の違い

諸説ありますが、本書では以下のように解釈しています

認知:あること、存在をはっきりと認め知ること。
認識:他のものと見分け、意味付けること。

つまり、認知(存在を認め)して、認識(意味づけをする)と考えています。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。