ネガティブなスキーマ(判断の基礎基準)を持っていると、そのスキーマから自分を守るために備えようとします。

カウンセリングのポイント

カウンセリングのポイント

例えば「自分は能力がない」というスキーマを持っていると、失敗を避けるために

  • 過剰なまでに必死で働く
  • 仕事を何度も何度もチェックすることで失敗を完璧に避けようとする

といった方法で「自分に能力がない」ことが他者に証明されてしまうことや「自分には能力がない」と自覚せざるを得ない状況を防ごうとします。
これをスキーマの埋め合わせと言います。

ですから、そのネガティブなスキーマが活性化している間は、

  • 本当に自分はちゃんとやったのか?
  • 何かやり残している仕事があるのではないか?

といったことが心配で不安になり、気が休まる時がななくなってしまうのです。

いつも不安で落ち着かない

いつも不安で落ち着かない

また、「私は愛されない」というスキーマが活性化すると、このスキーマを埋合せるために、(愛されないと自覚する場面を避けるために)、

  • 自己主張すること避ける
  • 他者の意見にいつも従う
  • 「優しい言葉」や「プレゼント」を要求する
    相手が自分を見捨てたりはしないことを相手に保証しさせようとする
  • いつも恋人を疑って「怪しいところはないか?」と目を光らせ続ける

事になります。

また「相手との関係に執着」して現実を認めないことで「私は愛されない」というスキーマから逃れようとするかも知れません。

この場合、相手の気持ちも、自分の相手への愛情も関係なく、ただ

  • 1人になりたくない
  • 愛されないと認めたくない

という思いから、その人との関係に執着してしまうのです。
そうなってしまうと、辛くて、苦しくて、終わらせた方が楽なのに関係を続けようとしてしまいます。

悲しむ女性

辛くて、苦しくて、終わらせた方が楽なのに・・

このように、思考の背景にあるスキーマを埋合せようとすると、「埋め合わせ行動」をすることが問題を引き起こす事になってしまいます。

  • 「埋め合わせ」をすることで、本当の自分の気持ちを押し殺し犠牲にすることになる
  • 「埋め合わせ」をすることで、現実が認められず向き合えなくなってしまう

からです。

例えば、

  • 仕事で成功することばかりに執着して、家族関係や人間関係がボロボロになる
  • 辛くて苦しい人間関係にしがみつくことで、日常生活を送れなくなる
  • 常に相手に安心を保証してもらおうとして要求し続けることで、関係の継続が困難になる

などの問題を引き起こしてしまうのです。

そして何より問題なのは、
埋め合わせ行動を続けている限り、背景にあるスキーマを見直し、調整する事ができない
状態が継続してしまうことです。

例えば

  • 特別でなければならない
  • 人より優れていなければならない
  • 周りと同じでは認められない

[ad#as-co1-1]