認知行動療法では、認知に焦点を当てる場合と行動に焦点を当てる場合があります。
行動に焦点を当てた場合、問題を、

  • きっかけ
  • 望ましくない行動
  • 結果

という流れによって生まれる悪循環と考えて、その悪循環を解消、軽減することが問題の解決だと考えます。

カウンセリングのポイント

カウンセリングのポイント

心の状態が原因で生まれる問題を行動(習慣、反応パターン)と考えて、観察、計測できる行動の量という側面に焦点を当て、行動の

  • 頻度
  • 強さ
  • 速さ
  • 持続時間など

を変化させることでの問題の解決、改善を目指していきます。

認知行動療法-行動に焦点を当てる

認知行動療法-行動に焦点を当てる

行動に焦点を当てる理由

心の問題と言われるもののほとんどが、特定の状況で特定の行動が起こる頻度が適切でない(多すぎる、少なすぎる)ことで、本人や周囲の人が苦しんだり、望まない状況へと陥ってしまうことです。

感情的な問題(不安、落ち込み、イライラなど)や世の中や自分に対する捉え方の問題も、具体的に捉えなおしてみることで、

  • 特定の場面で望ましい、適切な言動がとれないこと
  • 望まない言動、不適切な言動をとってしまうこと

といった行動から生まれるものが多いのです。

そこで、性格や人間性、考え方といった計測しにくいものをターゲットにするのではなく、計測可能な行動に焦点を当てることで効果を測定しやすくし、取り組みへのモチベーションを維持し、取り組みを継続しやすくするために行動に焦点をあてていきます。

ちょっと休憩・・

ちょっと休憩・・

行動の定義

  • 認知行動療法では「行動=反応」と考えます。
    反応には、発声、感情的な反応、生理的反応、頭の中での思考や情報処などが含まれます。
  • 認知行動療法では行動は「学習の法則」に従っていると考えます。
    学習の法則」では、「行動は様々な経験を通して身に付けられていて、それぞれの状況、場面に対する行動のパターン、頻度や強度、持続時間などには一貫した形式が存在している」と考えます。

認知行動療法では、行動という単位で反応を具体的に捉えて、学習の法則に基づいて、本人の目標に沿った形で周囲の人間も含めた行動を変容し、生活の質の向上を目指していきます。

ですから、認知行動療法で行動に焦点を当てる場合、「観察可能な行動」をターゲットにして取り組んでいくことになります。
できるだけ具体的で観察しやすい行動をターゲットにしていくことになります。


このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。