シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

パート別にノンバーバルを考えてみよう17

シェアする


足のを固める仕草

アドバイスする女性

話の途中で相手が突然動足のきを止めたら要注意です。

  • ストレスを感じる
  • 不安を感じた
  • 何かに脅えたり心配している

シグナルかもしれないからです。

なぜその人が突然足の動きを止めたのか考えてみましょう

  • 聞かれたくないことを聞かれたのかもしれません
  • 何かしてした(あるいは思い出した)ことで、それを隠そうとしているのかもしれません

危機に直面した人の足の動きは固まりがちになるのです。

片方の足の爪先を突然内側にひねって、もう片方の足の後ろ側に固定する仕草は、不安や心配、脅威を感じていることを表します。
女性はスカートをはいていると、この方法で座る習慣がある人が多いですが、突然足首を組みはじめたり、長威時間継続したりする場合は要注意です。

男性なら、さらに不安や心配、脅威を感じている可能性は高くなります。
足首を固定するは脅威を感じた時に瞬間的に起こる大脳辺縁系に組み込まれた固まる反応のひとつなのです。

ですから、ウソをついたりして後ろめたい気持ちがあると、固まったように足を動かさなくなったり、動きを制限するために足を固定してしまうのす。
同様の理由で手の動きにも制限がかかります。

ちょっと休憩・・

ただし、動きが少ないからウソついているというわけではありません。
自分をコントロールしようとしていることや警戒しているということを表しているだけです。

ですから、嘘をついていなくても、イライラしたり、不安を感じている人も、同じ仕草をします。中には足や足首を椅子の脚にからめて動かなくしてしまう人もいます。
また、足を隠すために両脚を椅子の前から下に動かして隠す仕草も同様の意味になります。

強いストレスを感じると、両足を椅子の下に引っ込めることが多いということがわかっています。
相手から遠ざかることで、足をできるだけ小さくしていると考えられます。

話題が変わっったりしてストレスが減少すると、足はを椅子の下出してきます。

こうした理由から足を固める仕草をすると「緊張しているな」「落ち着きがないな」「不安がっているな」とみられてしまうことが増えてしまいます

もし、何か大切な場面で、こうした感情を周囲に悟られたくない人は、何かを使って足元を隠してしまうと良いでしょう。(毛布、ツイタテ、ひざ掛けなど)
もし足元を隠せる場所なら隠してしまいましょう。

相手と会う場所を選ぶことも重要です。テーブルクロスがかけてあるレストラン、カウンターで足元が見えないお店などを選ぶようにしましょう。

「足首を絡ませる仕草」

女性らしさを感じさせる仕草と考えている人もいますが、体が小さく見えてしまうこと、人を拒絶していうる印象を与えること、言い訳がましい印象を与ること、落ち着きのない印象を与えること、信頼感のない印象を与えることなどネガティブな意味合いが多い仕草です。
時間を持て余して退屈な子供、怖がりの子供はがよくする仕草です。

足首を絡ませる
「足を組んで固定する」

急に両足を組んで固定してしまうのは、不快や不安の表れと考えられます。
快適な気分に戻れば、組んだ足首を解く傾向があります。

足を固める4

「足首で椅子の脚を抱え込む仕草」

ストレスを感じている時の仕草です。落ち着きがない印象を与えること、信頼感がない印象を与えることなどからネガティブな意味合いが多い仕草です。

足を椅子の脚に絡める1

「椅子の脚に足首を巻き付ける仕草」

不安や落ち着きのなさを仕草です。自信のないという印象を与えます。

足を椅子の脚に絡める2

これらの仕草はどれも「自信がない」という印象を与えてしまいます。
この仕草をしていることに気づいたら、すぐにやめましょう。

この仕草はストレスに対抗するための仕草なので、怒りに飲み込まれそうな時などにすることで、気持ちを落ち着けたり、気持ちを鎮めるための考えを見つけるきっかけとして利用するのは効果があります。
また、普段から両足を地面につけて話す人が、話の最中に突然これらの仕草をし始めたら、不安、恐怖、緊張などのストレスフルな感情を感じた可能性が高いので、気分転換の機会を提供するなどの気配りをしてみましょう。



058-388-8063

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告