「聞く」と「理解する」に集中してみよう

話すことが苦手だという人の多くは相手に良い印象を与えることに意識が向いていて、会話中に「今の言葉どう思ったのかな?」「嫌な気分にさせちゃったかな?」 etc・・などを考えている人が多いようです。
つまり、相手の様子を観察して考えを読み取りながら、どう振る舞って何を話したせば良いかを考えながら話を聞いているのです。
聞く、理解する、観察する、考える、話す、読み取るといったコミュニケーションの様々な要素を一度に行おうとしているのです。

幼い頃から人と関わることが好きで、コミュニケーションスキルを高める機会が多かった人であれば、あるいはコミュニケーションをスキルとして学び習得してきた人であれば、コミュニケーションの要素を一度に行うことができるでしょうが、一般の人は、ましてやこれまでコミュニケーションを苦手だと感じて、コミュニケーション機会を避けてきた人にとっては、それらを同時に行うことはかなり難しいことでしょう。

さらに言えば、人の考えを読み取ることはとても難しいのですが、一生懸命相手の考えを読み取ろうとして予測をしているため意識が分散してしまうだけでなく、多くの場合は間違った予測に動揺して相手の話を聞く余裕がなくなってしまいます。
その結果、相手の話の内容を十分に理解できなくなって、会話のいとぐちが見つからなくなってしまったり、的外ればことを口にして困ってしまうのです。

英樹シャツ2

最終的には「聞く」「理解する」「観察する」「考える」「話す」「読み取る」という6つの作業を同時に行えるようになれれば良いのですが、かなり高度な作業なので、基礎からしっかり練習してスキルとして身につけていくことを考えましょう。
コミュニケーションを苦手だという人は、これまでコミュニケーションの経験が上手な人と比べて圧倒的に少いため高度な作業はまだできないのです。

まずはコミュニケーションの基礎、「聞く」と「理解する」というスキルをシッカリと身につけることに集中してください。
相手の言葉に興味を持って耳を傾け、相槌を使って聞いていることを伝え、話を受け入れ、言葉の意味を理解することに集中しましょう。
ただし、この作業をしっかりと行うときっと気づくはずです。「聞く」と「理解する」に意識を集中していくと、相手の話している内容が理解できるようになるので、不思議と聞きたいことが出てきて、会話が盛り上がり始めるということにです。

話すことが苦手だという人は、

  • できるだけ多くの人と会話する機会(スキル向上の機会)をもつようにすること
  • 観察する、読み取る、考える、話すはをするのをやめて「聞く」「理解する」に意識を集中すること

をしてみましょう。

「聞く」と「理解する」という作業に慣れてきて、スキルアップしてくると次は「考える」と「話す」という作業も意識して会話する時期がやってきます。
まずは「聞く」と「理解する」ことテーマに練習してみてください。