シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

カウンセリングの予備知識・・顕在意識と潜在意識

シェアする


【顕在意識と潜在意識】

心は、約10%の顕在意識(普段意識している自分)と約80%の潜在意識+約10%の原始意識(普段意識していない自分)が1つになってできていると言われています。

生まれたばかりの頃は、顕在意識は存在せず、原始意識と潜在意識のみで作られていて、10歳前後にクリティカルファカルティと呼ばれる顕在意識と潜在意識を分ける蓋ができて、顕在意識と潜在意識が分かれると言われています。
顕在意識と潜在意識

なぜそんなことが起きるかというと、潜在意識は、本能の部分と直接かかわっていますので、とても繊細で敏感です。
イメージや感覚で物事を捉え、全ての記憶を蓄えていきます。

しかも、一度働き出すと答えが出るまで自動で動き続けます。
子供は多感で物覚えが良いのはそのためです。

しかし、とても敏感ですので、外部からのちょっとした刺激にも傷ついたり壊れたりしてしまうのです。
ですから、基本的な社会生活をするための素養が身につく10歳頃に潜在意識の上に顕在意識というものを作り、必要な情報のみを潜在意識に取り入れ、不必要な情報は受け付けないようにして自分を守ろうとするのです。

もちろん、大人になっても、潜在意識に情報は取り入れようとしますが、段々と規制がかかり、入りにくくなっていくということです。
つまり、子供の頃の体験や認識が、潜在意識の大きな部分を作っているので、子供の頃の体験が大人になってからの思考や行動、感情に大きな影響を与えるということです。
子どもと母

ですから、顕在意識では、こうしたいと思っていても、圧倒的な力をもっている潜在意識のパワーに勝てず、自分の意志とは異なった行動をとってしまうことが良くあるのです。

潜在意識に上手に影響を与えることができれば、もっともっと自分の望む行動や感情を持てるようになっていきます。
その為には、顕在意識と潜在意識の特性を良く理解する必要があります。

顕在意識は論理的な情報に反応し、潜在意識はイメージや感覚的な情報に反応しやすいということです。

潜在意識に効率よく働きかけるためには・・・

  • イメージや感覚を入力情報として用いる
  • 繰り返す
  • 極限状態の体験をする

などが大切です。

ただし、論理的な顕在意識とは性質が違うので使い方には注意が必要です。

例えば、潜在意識に何かをインプットしようと、「繰り返す」という方法を用いたとします。
そんなとき、例えば

  • 人を嫌いにならないようにしよう

という情報を入れようとすると、潜在意識は「嫌い」という言葉のイメージや感覚だけを取り入れてしまうので、人の悪いところや欠点が目につくようになってしまいます。

2重否定は論理的な方法ですので、潜在意識はうまく理解してくれません。

カウンセラーより

  • お前って最低なやつだな

など、人を批判する言葉をたくさん使うと、潜在意識は「最低」という言葉のイメージだけを受け取り、自分が最低と感じるような行動をとってしまいます。
潜在意識は「主語を受け取らない」のです。

繰り返すという意味では、普段の口癖を見直すことも大切です。
「私って最低」「ダメね」「できるわけない」「でも」「だけど」・・・否定的な言葉が口癖だと、否定的な言葉のイメージを潜在意識が受け取り、そのイメージに合った自分になるような行動をとってしまいます。

極限状態を体験するというのは、中々勇気のいることですが、全く知らない土地に行って、全く知らない新しい体験をするのも「穏やかな極限状態」といえます。
知らないところでは「生き残るために」新しい知識を入れ、活用する必要があるからです。
色々な場面を想定して、「おだやかな極限状態」を体験してみるのも良いでしょう。

また、瞑想や坐禅を組むというのも、イメージや感覚に働きかける作用になりますし、スポーツ選手が良く用いるイメージング、映画などの映像や音楽、香りなどを効果的に用いるのも良いでしょう。

最後に、潜在意識は全自動プログラムです。
一度問いかけた質問について、24時間、自分が意識していない間も答えを探し続けます。

「なんでこの家に生まれてきたんだろう?」「人生の意味ってなんだろう?」など答えの出ない問いかけをすると、答えが出ない質問がドンドン溜まって、その質問の答えを探すことにエネルギーを浪費し、必要なことに使うエネルギーがドンドン減ってしまって、気力や体力が低下し、やれることが少なくなってしまいます。注意してくださいね。

潜在意識との上手な付き合い方を覚えて、もっともっと充実した、おだやかで、幸せな毎日を送ってください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告

コメント

  1. […] 相手の顕在意識に捕まってしまって否定されると褒めたことで相手が快感を得づらくなるため、効果が半減してしまうのです。 しかし、話を聞く時に使う相槌に組み込んでしまうことで […]

  2. […] 顕在意識では「◯◯したい」と言っても潜在意識では別のことを望んでいる場合は少なくありません。 例えば「失敗したくない」と口にする人は潜在意識の中で「失敗を描いている」の […]

  3. […] 顕在意識に捕まらず、潜在意識に直接入っていきます。 […]

  4. […] 口癖がどれほど生き方に影響を与えるかご存知ですか?以前顕在意識と潜在意識の関係でも触れましたが、潜在意識へは「繰り返すこと」が大きな影響を与えます。 JavaScript is not working […]

  5. […] 潜在意識の理論では「潜在意識は主語を理解できない」と考えられています。 […]

  6. […] 潜在意識の特性を使いこなされている方の言葉ですね。 […]

  7. […] 利益を記憶していつも「返してもらう」ことを求めていると、イメージや感覚を受け取る潜在意識には、「損をした」「望みがかなわない」というイメージ、「恨み」や「妬み」といっ […]

  8. […] ただし、一つ気をつけてほしいことがあります。 お酒を飲んでいるときの記憶は潜在意識に入り込みやすいので、心の状態に影響を与えやすいのです。 […]

  9. […] 潜在意識は言葉そのものの意味や論理からの影響より、イメージや感覚からの影響の方が大きいのでイメージトレーニングを用いることがとても効果的なのです。 […]

  10. […] 潜在意識は言葉そのものの意味や論理からの影響より、イメージや感覚からの影響の方が大きいのでイメージトレーニングを用いることがとても効果的なのです。 […]

  11. […] 潜在意識は言葉そのものの意味や論理からの影響より、イメージや感覚からの影響の方が大きいのでイメージトレーニングを用いることがとても効果的なのです。 […]

  12. […] 潜在意識は言葉そのものの意味や論理からの影響より、イメージや感覚からの影響の方が大きいのでイメージトレーニングを用いることがとても効果的なのです。 […]

  13. […] に、会話の祭に繰り返し同じ言葉を織り交ぜて話しをしましょう。 繰り返すことで相手の潜在意識の中にその言葉が定着し、よりそんな人間であろうとしてくれます。相手に自信を持た […]

  14. […] 間の過ごし方が人生に大きな影響を与えています。 なぜなら、寝る前に考えていたこと、感じていたことを意識の80%〜90%を占める潜在意識が考え、感じ続けてしまうからです。 […]

  15. […] これまでの様々な経験から、自分では知らないうちに潜在意識の中にベーシックプレジャー作られています。 これまでにご説明したように、ベーシックプレジャーはその人が「心地よい […]