自分を苦しめる典型的な自動思考

自動思考とは、何かの折につけ自動的に頭に浮かんでくる考えのことです。
この考え方のパターンが、その人の言動の基本になっていて、それが不利益をもたらす場合は見直す必要があります。

強すぎると不利益をもたらしてしまう典型的な自動思考のパターンを紹介していきたいと思います。

ポジティブな側面の割引

自分や他人が努力して成し遂げたポジティブな結果を、些細でつまらない事であるときめつけること。

  • 僕にできたのだから。たとえ成功したと言ってもそれは大したことではない
  • 彼女が良くしてくれるのは、わたしのクラスメートだから仕方なくしてくれるんだ

「子供の頃に人に優しくされたことが少なかった人」、「十分な愛情を貰えなかった人」は、人から優しくされたり、愛情を貰ったりしても、

  • ~だから、しょうがなくしてくれたんだ

といった具合に、その行為に対して理由をつけて割り引いて考え、素直に自分が好きだからしてくれたんだとは感じられなくなってしまうものなのです。

また、「自己評価が低い」と、自分のできたこと、成し遂げた成果についても、

  • 私ができるんだから・・・(誰でもできる、大したことない)

と割り引いて結論づけてしまう傾向があります。

ある程度は、謙遜、遠慮とも言われるものとして良い結果を産み出すこともあるのですがこの思考が強すぎると、他人への感謝の気持ちを持てなくなったり、自分をほめる機会をなくし、自分を認め自信を持って生きていく機会をなくしてしまいます。

ポジティブな面の割引
こうした傾向が強い人は

  • 人の行動や言葉に理由を探すのではなく、行動や言葉そのものに意識を向ける練習をする
  • 小さな出来事に感謝をしてみる
  • 大きな成果ばかりに目を向けるのでなく、目の前の小さな成果が大きな成果につながっていることを確認する

など、目の前の出来事に意識を向け、小さなことを喜んだり感謝したりする練習をしていきましょう。
最初は違和感があるかもしれません。
しかし、そうすることで、自分をほめ、周りに感謝する機会が増え、喜んだり感謝したりする体の回路が鍛えられていきます。

感謝や喜びに意識を向け回路を鍛えていきましょう。

また、自分の短所とセットになっている長所を探す練習をし、自分の良さを確認するのも良いでしょう

  • 仕事が遅い ⇔ 慎重、仕事が丁寧
  • 大雑把   ⇔ 決断力がある など・・・