自分を苦しめる典型的な自動思考

自動思考とは、何かの折につけ自動的に頭に浮かんでくる考えのことで認知行動療法で一番最初に扱います。
この考え方のパターンが、その人の言動の基本になっていて、それが不利益をもたらす場合は見直す必要があります。

強すぎると不利益をもたらしてしまう典型的な自動思考のパターンを紹介していきたいと思います。

ネガティブなフィルター

物事のネガティブな側面ばかりに注目し、ポジティブな側面にはほとんど目を向けない事。全体像をみるかわりに、一部の否定的な要素だけに過度に注目すること

  • こんなに扱いを受けるなんて(いつも親切にされている)、私は重要視されていないんだ
  • こんな失敗をするなんて、私にはこの仕事は向いていないんだ(これまで、ずっと頑張って良い成果を出してきている)

人をはじめ生き物は「生きる」というとても重要な任務を与えられて生まれてきます。
ですから、何もしないナチュラルな状態では、危険や不安、恐怖を回避するために絶えず警戒しています。

ですが、複雑な人間社会の中では、危険や不安、恐怖ばかりを探していると、心も体も疲弊し自らを傷つけることになってしまいます
特に、それまでの人生で危険や不安、恐怖を沢山体験してきた人は、その傾向が強く、危険や不安、恐怖のために、行動が制限されたり、人間関係がうまく築けなかったり・・・生きていることがとても苦しい状態になってしまいます。
ネガティブなフィルター

こうした傾向が強い人は・・

ネガティブな側面を見つけたら、それに反する情報をできるだけ多く探すよう心がけましょう。
また、過去の経験や全体を俯瞰したなどと照らし合わせて、その考え方が妥当かを検討してみましょう。

さらに、普段から、楽しいこと、嬉しいこと、感謝できること(特別なことでなくて結構です)を探す習慣を身につけましょう。

  • (電車の中で)隣のおばさんは少しうるさいけど、向こうに座っている親子は仲良さそうで素敵だなぁ
  • おはよ。今日のご飯はおいしいね。ありがとう。
  • 今日は冷たいけど・・・いつもは凄く優しくしてくれてるよね。(なんかあったのかな?)