コミュニケーションバナー

手から伝えるメッセージの付録3

手のひらで目を覆う

「手のひらで目を覆う仕草」は何かの脅威を感じたり、嫌いなものが見えた時ときにするノンバーバルです。
不快な映像を「見ない」ようにすることで、自分を守ろうとしているのです。

手のひらで目を覆う

また、他人に「それは重要ではない」と伝える時にも用います。同じ意味で目を細めたり、目を閉じたりすることもあります。

不必要な刺激を取り込まないようにすることで、心身を不用意に興奮させないようにしているのです。


岐阜市の心理カウンセリング「メンタルフィットネス」
ご連絡お待ちしています!

電話するボタン