シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

アクティベーションスキルの発展インフルーエンス・パワー2

シェアする


共有するというアクティベーションスキル

アドバイスする女性

自分だけでなく組織をフルネスに導くインフルーエンスパワーのアクティベーションスキルの第一は「共有する」というスキルです。
自分の使命や理念、目標を組織のメンバーと共有できるようになると、組織全体がフルネスの状態を維持しやすくなるのです。

そのために必要なことは

  1. 伝え続けること
  2. 同じ経験を積み重ねること
  3. 想像できるようにすること
  4. 新しい視点を提供すること
  5. 大義を理解してもらうこと

といったことが重要ですが、ここで注意しなければならないのは、使命や理念、目標が押し付けになってしまわないことです。

共有

組織のメンバーにはそれぞれの個性があり、これまでの経験も、得意なことも、考え方も異なっています。その「違いを受け入れる」ことなしに、自分の使命や理念、目標を組織のメンバーと共有することはできないのです。

個の違いを受け入れ、メンバーの人間性、能力などを認めた上で自分の使命や理念、目標を伝えなければ、いくら伝え続けても、その内容が素晴らしくても、心の溝が生まれて同じ経験を積み重ねることはできないでしょう。

組織のメンバー一人一人の個性を尊重し、違いを受け入れながら、1から5を心がけていくことで、自分の使命や理念、目標の共有を目指しましょう。


スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告

コメント

  1. […] これまでに「共有する」「元気付ける」というインフルーエンスパワーについてご説明してきましたが、ここからは […]