認知行動療法

認知行動療法とは、行動療法(相談者の行動にのみ焦点を当てる療法)に認知過程に関する理論を組み入れ、思考、知覚、判断、自分の行っている事、暗黙の前提など、情緒や行動の混乱を引き起こしていると考えられる思考パターンを変える心理療法です。

具体的には、相談者がおかれている状況、認知、行動、感情、行動と関係を明らかにして、そのもととなっている「思い込み、ルール、自動思考、防衛」などの心的要因を見つけ出し、それを相談者にとってより好ましいものに変えて行こうとする心理療法です。

認知行動療法では、ツールなどを使って、認知の整理をしていく事が多く、その使い方をマスターすれば、次回同じような状況に陥ったときに自分で対処できるなど、相談者にとっては対処プログラムの習得といった側面もあります。

来談者中心療法と比べて、相談者が確認できる項目が多いので論理的な満足観を多く得られる療法と言えるでしょう。

いずれにしても、カウンセラーが相談者を批判したり、命令したりする事はありませんので安心してカウンセリングを受けてください。