シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

カウンセリングの予備知識・・防衛機制(退行)

シェアする

防衛機制とその機能

防衛機制とは「心の安定をはかるための自我による無意識的な防衛」です。
防衛機制には、抑圧、昇華、投影、退行など様々なものがありますが、自分を守るために無意識のうちに行われます。

自分で理解できないような感情や衝動が起こるのは、防衛機制によって、無意識のうちに行っている心の操作の副作用かもしれません。
どんなものがあるのかを理解し対策を考えていきましょう。

退行

  • 以前の発達段階に戻ることにより、愛情や注目を求めたり、欲求を満たそうとすること
    カウンセリングのポイント

次のようなケースで退行(幼児の言動をとる)という行動が見られます。

  • 第二子が生まれた後、第一子が退行してしまう。
  • 老人が退行してしまう。
  • アルコール依存により退行してしまう。

子どもは、母親にかまって欲しい、甘えたいといった感情と、友だちと遊びたいなど社会生活になじみたいという感情のバランスを微妙にとりながら生活しています。
ですから、24ヶ月くらいまでは、母親から離れる事に対して大人が想像するよりはるかに強い不安を感じます。

この時期に親密に接する親(主に母親)から肯定的な態度が成長には必要で、正面から子供と向き合わず、「~をしながら」など片手間な接し方をしていると、肯定的受容を親から引き出すために退行することが増えてしまいます。

4歳くらいまでは、交際範囲が親に限定されやすいこともあって、妹や弟が生まれ、その世話に親がかかりきりになると、赤ん坊言葉を使ったり、おしゃぶりしたり、特定のおもちゃやタオルに執着するなどの行動を見せることがあります。

逆に、年老いて自分の体が思うように動かなくなり物忘れがひどくなると、指をしゃぶったりして甘えるような行動になることがあります。

しかし、子ども、老人だけなく、青年期から壮年期の「大人」と呼ばれる年齢でも退行することがあります。

長期間にわたって身体的、精神的、性的暴力にあい続けると、急に赤ちゃんのような言葉をしゃべったり、子どもの様な行動を取ることがありますし、強いプレッシャーを受け続けることで、退行することがあります。

なぜ退行するのかは、ハッキリとは言えませんが、「受容される」、「肯定される」という状態を必要な期間、強度で受けないことが大きな要因と考えられます。
そして、退行の問題を解決するには、その原因となる欲求不満などを感じた期間よりも、長い時間が必要になることが多いようです。
カウンセリング-退行

こうした傾向が見られる場合・・

幼児期の退行は、幼稚園や友だちと遊ぶという事を通じて、自然に無くなってきたり、ちょっとした親の言葉や行動(抱きしめる、優先して相手をする、声掛けを積極的にするなど)で直ることがほとんどです。

しかし、年齢を重ねれば重ねるほど、老いや社会的な立場など、改善しにくい要素が「原因となる欲求不満」の元となっているケースが多く、改善するのが難しくなってきます。

ポイントは、どうやって本人が受容された状態を必要な時間(不足している分)を体験し、そのそこから生まれる受容感、肯定感、必要とされている感覚を得るかということになるでしょう。