心療内科、精神科など医師による治療とカウンセリングの違いはなんですか?

病院で心療内科・精神科など精神科医の医師が行う治療は、主に薬物療法を中心とした治療になります。
診療時間はのホンの数分ということが多いです。

これに対してカウンセリングでの面談時間は通常60分~90分程度が一般的です。

カウンセリングで行うこと

一般的なカウンセリングは対話を通じて問題や感情、考えの整理し、今できる事についてカウンセラーとともに発見し、取り組む事が中心です。
そして必要に応じて色々な心理療法やワークとよばれる心理体験を通して心の変化を促していきます。

薬物療法と異なる部分として、カウンセリングでは辛さや不安、苦しさの元になっている考え方や行動の癖、環境要因などを見つけ出し変容していくことを目指しています。

ですから、カウンセリング終結後は、それまでと同じような辛さや不安、苦しさを抱え込むことがなくなっていきます。

回復の過程の時期により、薬物治療の方が適している時期もありますし、カウンセリングの方が適している時期もありますので、どのようにお悩みと取り組んだら良いかなど、気軽に相談してみてください。