シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

感情とルーの法則

シェアする


感情の強さと使用頻度の関係について

感情とルーの法則

つまり、どんな感情が強くなっていくのかは、毎日どんな感情を多く使って暮らしているかに強く影響を受けているのです。(ルーの法則

「喜びを強く感じる」人になりたければ、どうやったら「喜びを少しでも長く、強く、たくさん感じられるか」を毎日工夫して実践しましょう。
環境、認知、行動、身体的な要素を工夫することで、どんな自分になっていくかをある程度方向付けできるのです。

最近イライラするな、怒りっぽいな・・使いたくない感情を感じる機会が増えている人は、毎日の暮らしを点検しなおしてみましょう。


基礎知識に関係するページのリンクです

スポンサーリンク
アドセンス広告

コメント

  1. […] 達人になりましょう。 どんな困難な状況でも楽しめるように普段から楽しいことワクワクすることをたくさんしたり、「どうやったらそれが楽しくなるか?」を工夫しましょう。 どんな […]

  2. […] に従って、いつも「自分が悪いんだ」と考え「自責」や「落ち込み」といった感情を多用してきたAさんは「自責」や「落ち込み」の感情が徐々に強くなってしまいます。(ルーの法則) […]

  3. […] そして、使わないものは退化し、萎縮するというルーの法則に従って、新しい回路を頻繁に使うようになったことで、以前使っていたそれでの思考回路が退化していきます。 つまり、新 […]

  4. […] 自信をつけるためには「頑張って結果を出さなくてはいけない」、だから嫌な事も我慢してやらなくてはいけないと考えている人が多いようです。 しかし、普段の生活で嫌な事が多く、嬉しい事、楽しい事が少ない人は、不快の感覚が強く、快の感覚が弱くなっています。(人は使ったところが強くなります) 不快の感覚が強くなりすぎると、失敗した時の落ち込みや後悔などが強すぎてチャレンジできなくなってしまいます。 […]

  5. […] 。筋肉でも、心肺機能でも、頭脳でも、バランス感覚でもみんな同じです。 ですから使った感覚も強くなります。気分が良い時間が長くなると、気分の良い感覚も強くなっていきます。 […]

  6. […] 脳は筋肉と同じで使えば育ち使わなければ萎縮してしまいます。(ルーの法則) […]

  7. […] 人は使ったところは強くなっていきますが、使わないところは発達せず弱化していきます。 小さい頃から考えたことを言葉にしてこなかった人は話す回路が弱くうまく使いこなせないの […]

  8. […] すればその人と近い気持ちを感じることができるでしょう。 使った感情はドンドン強くなっていきます。 […]

  9. […] 人は使った感覚が強化されていくからです。 つまり、喜びや幸せ与えることで喜びや幸せを感じやすく受け取りやすくなっていくのです。 […]

  10. […] ょう。 たくさん使った気持ちは日毎に強くなっていきます。 […]

  11. […] ないかなぁ〜」・・大きな出来事がないと喜べない人は「喜ぶ感覚が弱い人」です。  使った感覚は強化され、使わない感覚(感情)はドンドン弱くなって感度が低くなってしまいます。 […]

  12. […] いつも心配ばかりしていると、心配する感覚が強くなって、心配な出来事に対する反応が良くなり、あれもこれも心配になってしまいます。 心配ごとがどんどん増えて、いつも心配し続 […]

  13. […] しなくても感じ取れるよ」と思う方も多いと思いますが、人は使ったところが強化され、使わないところが弱化していきます。 つまり、感じ取る力が強いところと弱いところがあるとい […]

  14. […] 使った感覚や思い、使った機能がが強くなるのですから […]

  15. […] 頻繁に使った感情は強くなり、その感情と相反する感情は使うことが減って弱くなっていきます。 […]

  16. […] 脳も使ったところが強くなっていきます。(感情、考え方、感じ方など)自分が決めた選択基準を繰り返し使うっていると「この基準で選択した時は気分が良かった」「この基準で選択 […]

  17. […] 頭の中で起きていることは人それぞれ異なっているのです。 さらに言えば使った感覚、感情は強くなっていきますから、楽しむスキルが高い人は、楽しむ(ワクワク、ウキウキ、やる気 […]

  18. […] しかし、使った感覚が強くなり、使わない感覚がよわくなっていきますから、「期待しない」と […]

  19. […] リラックス感でも、安心感でも たくさん使ってきた感情や感覚は強くなっていますし、新しい話法や態度も頭で覚えただけでは実際の場面で効果的に使用することはできません。 自分 […]

  20. […] 人間は使った感覚や感情が強くなっていきますので、毎日頻繁に使う感覚や感情が強化されていくのです。 セルフケアの習慣を身につけ、セルフケアのスキルを向上させることができれ […]

  21. […] 人は使ったところが強くなります。 それは心も体も全く変わりません。 […]

  22. […] ですから、自信や強さを伝える仕草を継続的に使うことで、自分の中で自信や強さといった感情や感覚が育っていくのです。 自分の中の自信や強さという感情や感覚を育てるためにも、 […]

  23. […] 使った感情や感覚はドンドン強くなっていくということです。 使った感情や感覚がドンドンん強くなっていくのなら、自分が幸せでいるための感情や感覚、自分が使いたいと思う感情や […]

  24. […] これまでの人生で使わなかったスキルや心身の機能は低いのです。 「過去からの影響力」と「特定のスキル・低さ」によって、外部要因から強い影響を受けたり、ネガティブな感情を感 […]

  25. […] 人は使ったところが強くなっていきますから、目標を果たすたびに自分にご褒美をあげることでドーパミン回路の働きが良くなって高いモチベーションを維持することが上手になって、 […]

  26. […] 取り入れることを「幸せ+活動」と呼んでいます。 人間を含めた全ての生き物は「使ったところが強化」されていくため、繰り返した選択はやがて自分にとって当たり前のものになって […]

  27. […] 人間を含めた全ての生き物は「使ったところが強化」されていくため、これらの働きかけを通して少しでも多く、少しでも強く幸せを感じる習慣を身につけていくことで、幸せを感じる […]

  28. […] 使った感覚は強化され、使わない感覚は弱化していきます。 […]

  29. […] 感覚や感情も体と同じように使った分だけ強くなっていきます。 ですから良いことを増やすためには、普段から些細な良いことを見つけ積極的に感じることが大切です。 […]

  30. […] 使った感覚・感情が強くなっていきます。 自信をつけ、自己肯定感を向上させていくためには、自信や自分に対する肯定的な感覚をたくさん使う必要があります。 […]

  31. […] の生活やトレーニングで継続し、できるだけ多くの人たちとシェアして、フルネスを感じる感覚回路機能を高めて(使った感覚は強化される)最高のパフォーマンスをいつでも引き出せ […]

  32. […] かよりどんな人間になりたいかの方がずっと重要です。 使った感覚や思い、使った機能がが強くなるからです。 […]

  33. […] 頻繁に使う感情や感覚は感度が強化され、あまり使わない感情や感覚は強度が低下していきます。 つまり、 […]

  34. […] 幸せ力では使ったところが強くなるという原則、心と体の繋がりを中心とした考え方です。 たけしの健康エンターテインメントの【奇跡の回復法】SPでは、腰痛やうつ病、認知症、脳内出血の後遺症からの回復を通して、そのことをわかりやすく説明しています。 この番組では病気からの回復に焦点を当てて番組が構成されていますが、病気でない人でも「使ったところは強くなること」「心と体の繋がり」については同じです。 幸せな感覚、爽快な感覚、ポジティブな感情、前向きな考え方・・・自分が使いたい感情をたくさん使いましょう。 健康的な食事、生活サイクルを整える、適度な運動をする、腸内環境を整える、体の柔軟性を向上する、大好きなことに没頭するなどなど心身の状態を調えましょう。 毎日の生活の中で、使いたい感情や感覚、考えをたくさん使い、心身の状態を調えて、より幸せな毎日を過ごしていきましょう。 「使ったところは強くなること」「心と体の繋がり」を意識して毎日を丁寧に生きていきましょう。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); TweetCheckPocket!function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement("script");j.id=i;j.src="https://widgets.getpocket.com/v1/j/btn.js?v=1";var w=d.getElementById(i);d.body.appendChild(j);}}(document,"pocket-btn-js"); […]

  35. […] 最高のパフォーマンスを出して、望んだ結果を手にするためには心の状態をフルネスに保つ必要があります。 そして心の状態に影響する感情や感覚は繰り返し使う事で次第に強化されていきます。 […]

  36. […] るかによって、心の状態が変わり言動にも強い影響が現れます。 さらにいえば、使った感情や感覚が強化されていきますので、長い目で見れば、毎日の食生活によって性格も変わってく […]

  37. […] さらに、使った感情や感覚は強化されて感じやすくなっていきますので、次第にネガティブな状態に陥りやすくなって、仕事や人間関係、場合によっては日常生活も困難になっていきま […]

  38. […] 体と同じように使った感情や感覚が強化され、使わない感情や感覚は弱化してていきますので、ポジティブな感覚や感情を感じる機会が少ない生活をしていると、ポジティブな感覚や感 […]

  39. […] 「良い結果を出すためにはプレッシャーやストレスに耐えることが必要だ!!」と信じている人は少なくありません。 しかし、結果を出すことを目的とした毎日の暮らしは、強いストレスを常態化させアンフルネスな心の状態をつくりだすネガティブな感覚回路を強化していきます。 […]

  40. […] 心の状態がアンフルネスな時間が増えてしまうと、アンフルネスな感覚が強化されパフォーマンスが低下した状態が常態化してしまいます。 何かの目的に向かって頑張ろうとしているの […]