悩みや苦しみが生まれる理由の1つに「自分にとって何が大切で価値」と「他者に対して求める価値」にズレが生じている事があります。
自分が大切にしたい価値と、他者に求める価値にへだたりがある場合があるのです。
カウンセリングのポイント

  • 人が失敗するのは良いけれど自分が失敗してはいけない
  • 僕は100点を取らなくてはいけないが、他の人が50点とるのは良い

など、自分への基準が厳しくて他者には緩かったり、またその反対もあります。

ほとんどの場合、このズレは当たり前だと感じていて、ズレが生じていることさえ気が付いていない場合が多いものです。

公平であること

穏やかで幸せな状態でいるために大切なことは「公平」であることがとても重要な要素です。
自分が大切にしている価値と、他者に望んでいる価値がどれぐらい一致しているかを確認してみましょう。そして、その間にズレがある場合は、

  • その理由やそうでなければならない理由
  • 価値のズレを修正したらどうなるか

などを考えてみましょう。

前回ご紹介した「価値を明確化するシート」を使って自分がどのような価値について悩んでいるのか見つけてから行ってください。

普遍的な価値のシステムを明確にするシートの記入例

認知行動療法-普遍的な価値のシステムを明確にするシート

認知行動療法で使用する普遍的な価値のシステムを明確にするシートの記入例

30:普遍的な価値を明確にするシートのダウンロード