シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

認知の癖とアンフルネス

シェアする

メンタルトレーニングバナー

2つの理由

メンタル強化のアドバイス

何を心地よいと感じるかを決定し、心の状態に強い影響を与えるベーシックプレジャーは、さまざまな経験から「認知の癖」を生み出します。
ベーシックプレジャーの欲求(心地よいと感じること)を満たさないと、アンフルネスへと傾いてしまうからです。

そして、それらのルールや決まりごとが守られないと、一気にアンフルネスヘと傾いてしまうようになってしまいます。
さらに、ネガティブなベーシックプレジャーやそれに基づくルールや決まりごとが増えすぎると、それを守れない場面が増えてきて、心の状態をフルネスの状態保つことが難しくなっていきます。

ベーシックプレジャー=運動は苦しい→運動をすると心がアンフルネスに傾く→運動はしてはいけない(ルール)

  • 母親に「たまには外で体を動かしなさい」と言われる
  • 友人に「野球をしよう」と誘われる
  • 寝過ごして駅まで走らなくてはいけない

様々な場面でルールや決まりごとを守れなくなって、アンフルネスに陥っていくようになります。

ルールの壁

また、状況や自分の状態が変わっても、認知の癖はそのまま働き続けることも、思考の癖がアンフルネスを引き起こす原因の一つです。
ある時期そうしたルールや決まりごとを守ることでアンフルネスに傾くことを阻止できていても、時間が経つごとに自分を含めた周囲の環境や状況が変わってしまうからです。

環境や状況が変わっているのに、同じ思考の癖を使い続けることで問題が生じ、心がアンフルネスになってしまうのです。

例えば、走るのが遅く運動をするといつもみんなにバカにされていた人が、運動を避けることでみんなからバカにされる機会を減らしていたのに、運動不足で太ってしまったのでダイエットをしたいと思っても、運動を避けようと考えてしまうため、ダイエットが停滞してしまうということです。

心の状態がアンフルネスな時間が増えてしまうと、アンフルネスな感覚が強化されパフォーマンスが低下した状態が常態化してしまいます。
何かの目的に向かって頑張ろうとしているのに、心がアンフルネスに傾いてしまう、望ましい結果が出ないという人は、パフォーマンスを向上させるために、認知の癖を再点検してみることが有効です。



岐阜市の心理カウンセリング「メンタルフィットネス」
ご連絡お待ちしています!

電話するボタン