スキル化のためのアクティベーションスキル-5ステップ

アクティベーションスキルもスキルなので、競技スキルや技術スキルと同様、簡単に身につくものではありません。

新しい知識をスキルとして定着させていくためには、学ぶ、実践、分析(観察)、改善、シェアという5つステップを実行しながら、知識をスキルとして定着さていくスキルを身につける必要が有ります。

スキル化のためのスキルを身につけるのです。

ポイント

ポイント

知識として身につけたことを実践し、うまくいかない原因を分析し、改善して、身につけたスキルを周りと分かち合う「シェア」することで、そのスキルがさらに強化されていきます。

アクティベーションスキルのスキル化5ステップ

アクティベーションスキルをスキルとして身につけるために知っておくべき5つのステップがあります。

ステップ1:学ぶ(知識、姿勢)
ステップ2:実践
ステップ3:分析(観察)
ステップ4:改善
ステップ5:シェア

ステップ1:学ぶ(知識、姿勢)

ノート

学ぶことと学べる姿勢が大切

アクティベーションスキルをスキル化するには知識が必要です。
なぜそのスキルがフルネスを生み出すのかという理由を知っているということです。

そして重要なことは、「知っていること」と「スキルとして身につくこと」が同じではないということを理解していることです。

「知っていること」と「スキルとして身につくこと」とは全く別のことです。
フルネスという言葉を知っていても、フルネスをつくれるわけではありません。
筋力トレーニングの仕方を勉強し知っていても、筋力が強くならないのと同じことです。

また、多くの知識を得るためには、多くのこと、多くの人から学べる姿勢が大切です。
他者の長所や優れたところを見つけ、敬意をもって貪欲に知識を得ようと姿勢が重要です。

どうしたらより多くの知識が手に入るのかを環境、考え方、感じ方、行動、身体などの様々なポイントを絶えず見直し、より多くの知識を得られるように工夫していきましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。