アセスメント(機能分析)

A(環境の変化や行動)が起きると、必ずBが起きるという時、AとBの間には随伴性(付随関係)があるといえます。 随伴性を特定できれば、それに対してどんな事ができるか検討し、対策を打つことで望ましくない行動(問題)を改善することができます。

カウンセリングのポイント

カウンセリングのポイント

STEP3:対策・方針の効果を評価方法について

認知行動療法で高い効果を上げるためには、対策・方針とその効果を正確に評価してフィードバックし改善し続けることがとても大切です。

しかし、何度も評価し、フィードバックして検討しても改善するポイントが見つからない場合も多いものです。
そうした場合、年齢、生活習慣、育成歴、環境、性格的な特徴、問題の状況、身体の状態など様々な要因をさらに詳細に調査し直し、考慮に入れてターゲット行動の機能の機能を分析、明確にして対策、方針を調整していきます。

虫めがね

正確な観察の繰り返しが大切

ABAB反転法

標準的には評価に単一事例研究法を使います。代表的なのはABAB反転法です。

  1. 介入(対策)しない状況で行動観察
  2. 決定した介入(対策)を行い、変化、改善があるかを観察
  3. 再び介入(対策)を休止して行動観察
  4. 2と同じ介入(対策)をすることで行動の変化、改善があるかを確認

するという評価方法です。

 
内容 ベースライン 介入(対策) ベースライン 介入(対策)
目的 通常の状態でのターゲット行動出現回数を測定し記録します。 ターゲット行動の変化、改善が介入(対策)によって起きるかを測定し記録します。 変化が介入(対策)によって生じているかをチェックします。 ターゲット行動が、介入(対策)によって再び変化、改善するかを調べ、変化が介入(対策)によって生じているかを確認します。
手続き 通常の状態でのターゲット行動の状態を把握する。 介入(対策)を開始します。 介入を止めて、再度ターゲット行動の測定をします。 介入(対策)を再開します。
介入(対策)
ターゲット行動の回数        

※時期をずらしてベースラインの測定及、介入(対策)後の評価を行って効果を確認する場合もあります。

92:ABAB反転法記録用紙のダウンロード


このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。