心を点検するテクニック

変わりたい!!
そう思っても意志の力では中々うまく行きません。

認知行動療法で用いるテクニックをマスターして、自分の意志で望んだ自分になっていきましょう。
認知行動療法には潜在意識に影響を与え、自分の望んだ自分になっていくためのテクニックが沢山存在します。

テクニックですから繰り返し、繰り返し練習して自分のスキルとして定着させる必要はありますが、使いこなせば効果は抜群です。
テクニックについて知り、繰り返し練習することで自分が望んだ自分になっていきましょう!!

セルフモニタリングシートで自分を知ろう!!

人には考え方や行動、感じ方の癖や習慣といったものがあります。
「〇〇の時は◎◎と考えて、××と感じ△△する」というパターンです。

例えば、「朝挨拶をしたら、挨拶が返ってこなかったので、無視されたと考え、怒りを感じ、八つ当たりをする」
と言った具合です。

もちろん、環境や状況によってある程度は変化しますが、基本的なパターンが身についていて、それを一般的に性格と呼びます。

このパターンは、いわゆる癖ですから、

  • 知らない間に鼻を触っている
  • 緊張すると唇をかみしめる
  • 歩くときは足の裏の外側に体重をのせる(靴の外側がすり減る)Etc

といったものと基本的には同じで、「自分はそういう癖を持っている」と知り、意識して別の行為を繰り返し行うことで変化させられます。

一般に1000回程度それを意識し、意識的に別の行為に置き換えることすることで新しい癖、習慣として定着すると考えられます。
これは考え方、行動、感情のパターンにも当てはまります。

出来事に対する自分の考え方、行動、感情のパターンについても自分の癖や習慣を知り、自分が望ましいと感じる考え方、行動パターンに置き換えることで感情(つまり性格)もある程度変化させることができるのです。

まずはセルフモニタリングシートを使って自分の人には考え方や行動、感じ方の癖や習慣を知りましょう。
5:代替思考の案出シートのダウンロード

カウンセリング-セルフ・モニタリングシート