準備をしよう!

ドライブアウェイ」する対象が決まったら、その要素に対してプレパレーション(準備)できることがないかを検討しましょう。プレパレーションすることで起こさずに済んだり発生率を下げたり、ネガティブな状態を緩和できたりするものについては◯、全くプレパレーションできなものは×を付けましょう。そして、◯を付けた要素に対するプレパレーションの内容を書き込みましょう。

  • 回避する予防するための対策
  • 起こる確率を下げる対策
  • 起こった時に起こる問題や悩みの程度を低減する対策
  • 起こった時にアンフルネス度を低減させる受け止め方
  • 起こった時にアンフルネスの状態からいち早く抜け出す方法
習慣がつくとプレパレーションできることが、思ったよりたくさんあることに気がつくはずです。プレパレーションしないとドライブアウェイすることが難しい要素も増えてきます。また起きてしまってから慌てて対処しようとするとアンフルネスに傾きやすくなってしまいます。プレパレーションはアンフルネスに傾くリスクを最小限にするスキルなのです。

プレパレーション

ドライブアウェイとプレパレーションを行う習慣を身につけることで、アンフルネスに傾くリスクを最小限に抑えられますし、これらはスキルですから練習することで誰にでも身につけることができるのです。