コミュニケーションバナー

プレゼンの進行

コミュニケーションアドバイス

プレゼンの一般的な進行は「①挨拶+自己紹介」「②本題」「③質疑応答」「④締めくくり」というパターンが一般的です。

一般的なプレゼンの進行

  1. 挨拶+自己紹介
    プレゼンター(プレゼンをする人)の第一印象はとても大切です。大きな声ではっきりとした挨拶をしましょう。
    言葉以外の言語(ノンバーバル)からも、その時の気持ちの状態が伝わります。
    挨拶は「皆様のために一生懸命お話しさせていただきます」という心を込めて丁寧に行いましょう。
    名前や所属以外に、自分の人柄をイメージしやすい、簡単なエピソードなどを添えることをお勧めします。
    プレゼンの基本的進行
  2. 本題
    自信を持って堂々と話をしましょう。
    「自信がある」と伝わることで、同じ話の内容でも肯定的に伝わります。(プライミング効果)
    また、プレゼンを聞いている人の中にはプレゼンの内容に興味がない人もいることを前提に、聞き手を飽きさせないための工夫をしましょう。
  3. 質疑応答
    どんな質問があるかをあらかじめ予想して回答を用意しておきましょう。
    自信を持って対応することが大切です。
    予想外の質問や否定的な意見があったとしても、冷静に対処して感情的にならないように気をつけましょう。
    答えられない質問に無理に答えずに、「十分に精査して後ほど個別に回答をお伝えします」など、謙虚に誠意を持って対応しましょう。
  4. 締めくくり
    締めくくりの挨拶はとても重要です。ここでインパクトのある話ができると、聞き手に強い印象を残すことができます。
    締めくくりで使えるエピソードやフレーズなどを用意しておきましょう。



岐阜市の心理カウンセリング「メンタルフィットネス」
ご連絡お待ちしています!

電話するボタン