シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

確実に伝えるプレゼン術1

シェアする


コミュニケーションバナー

プレゼンの基本

コミュニケーションアドバイス

プレゼンについて苦手意識を持っている人は少なくないと思います。
しかし、職場や学校、様々な組織に所属していると、どうしてもプレゼンをしなくてはいけない場面に遭遇することがあるものです。

また、プレゼンのスキルが高くなると、人とのコミュニケーションの場面で、自分の考えや意図を正確に伝えられるようになるので、誤解されることやそれが元で生まれてしまうトラブルを回避することにも繋がります。自分の考えや意図が正確に伝わることで、自分のやりたいことを実現する力も強化されていくでしょう。

より快適なコミュニケーションを実現するためにも、プレゼンの基本をしっかりと押さえておきましょう。

まず最初に意識して欲しいことは、プレゼンをする場合、プレゼンを聞いている全ての人がその内容に興味を持っているわけではないということを意識する必要があります。
職場や学校、組織、知り合いなど、人との繋がりの中で「仕方なく」プレゼンを聞きにきている人も多いからです。

ですから、そうした人たちに情報を伝え切らなくては、プレゼンが成功したとはいえないのです。
つまり、プレゼンの目標は「情報を伝える」ということの前に「自分を信頼してもらうこと」「話の内容に興味を持ってもらうこと」が必要だということです。

それができて初めてプレゼンを聞きにきてくれた人に「納得」してもらえるのです。

プレゼン成功のチェックポイント

確実に伝わるプレゼン

  1. 自分を信頼してもらうこと
    服装、話し方、ジェスチャー、経歴や肩書きなど
  2. 話の内容に興味を持ってもらうこと
    聞いている人と伝える情報の繋がりや関係性を見つけて伝える
  3. 情報を伝えること
    テーマに関連するデータや現在の状況などについて、情報を抽出する
抽出した情報をわかりやすく、聞いている人に有益であることを伝える
  4. 納得してもらうこと
    伝えた情報に対する自分の解釈や方針を説明する
新たな提案を行って、その必要性や効果について納得しもらう

伝わるプレゼンを行うためには「事前の準備とセッティング」がとても大切です。
プレゼンの進行スピードや手順を何度もシュミレーションする必要がありますし、本番で使用する機材の動作チェックや使い方を理解し、使いこなせるようになることも忘れてはいけません。

本番で心おだやかにチェックポイントをクリアしプレゼンを成功させるためには、こうした準備とセッティングを完璧に行っておかなくてはなりません。

プレゼンの目的

プレゼンには様々な目的があります。まずはプレゼンの目的をシッカリと把握してから準備しましょう。
ポイントは「誰に何を伝え、どうしてもらいたいか?」を明快にすることです。

それらが明快になっていることで、どんな資料を集め、どんなイメージのプレゼン資料を用意し、プレゼンの構成をどすれば効果的かなどがわかるからです。

プレゼン成功

代表的なプレゼンの目的
  • PR
自分の会社、自分の所属する
    組織のPRです。強みや得意分野、商品・サービスなどを紹介して魅力的にアピールします。
  • 顧客の獲得
    自分の会社、自分の所属する組織と取引と関わることで、どんなメリットがあるかを提示して新規顧客の獲得を目指します
  • 企画の提案
    新しい企画を提案し、その企画を取り入れることで自分の会社、自分の所属する組織にもたらされるメリットを伝え、了承してもらいます。
  • 商品やサービスのPR
    自分の会社、自分の所属する組織の商品を購入してもらったり、サービスをを導入してもらうために、その魅力やメリットを伝えます。
  • 成果発表
    自分の会社、自分の所属する組織の研究、調査、取り組みなどについて、その趣旨、内容、成果を発表する



058-388-8063

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告

コメント

  1. […] 定的に伝わります。(プライミング効果) また、プレゼンを聞いている人の中にはプレゼンの内容に興味がない人もいることを前提に、聞き手を飽きさせないための工夫をしましょう。 […]