シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

期待を低くすることの落とし穴

シェアする


しばらくは楽かもしれませんが・・・

アドバイスする女性

「期待して望みがかなわないと落ち込みが大きいから、最初から期待なんてしない」・・・そんな風に考える人も少なくないようです。
辛い出来事があったあと、しばらくの間は「期待しない」という防衛策で、落ち込む幅が小さくなって、楽になった気がするかもしれません。

しかし、使った感覚が強くなり、使わない感覚がよわくなっていきますから、「期待しない」と

  1. 期待した時に感じるワクワク感、高揚感が弱くなっていきます
    使わない感覚はドンドン弱くなり感じにくくなっていきます。
  2. 落ち込む感覚が強くなっていきます
    期待した時に感じるワクワク感、高揚感を感じる時間が減った分、小さな落ち込みを感じる時間が増えてしまうので、落ち込んだ時の感覚がドンドン強くなっていきます。

感覚の強化は、頻度と強度に影響されますから、小さくなった落ち込みの感覚を頻繁に使えば、ドンドン強化されていってしまいます。
結局、期待した時に感じるワクワク感、高揚感を感じにくくなって、落ち込む感覚がつよくなる上感じやすくなってまうため、「期待しない」という防衛策を長期間続けてしまうと、落ち込みやすい体質になっていってしまうのです。

期待をしないことで

夢が叶わなかったり、挫折してしまったり・・・人生では望まないことを少なからず経験してしまうものです。
しかし、その体験によって受けてしまった心の傷がある程度回復したら、勇気を出してもう一度夢を追ってみましょう

自分の未来に期待してみましょう。
その時感じるワクワク感、高揚感をドンドン使って強化していきましょう。

そうした感覚をたくさん使って強化していれば、落ち込む時間がその分減っていきます。
落ち込む感覚がドンドン弱くなっていきます。

未来に期待する感覚は未来を作るエネルギー」なのです。
もし、「もう歩けない」「もう期待なんかしない」と思ってしまったら、このことを思い出してください。



058-388-8063

スポンサーリンク
アドセンス広告