シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

説得を受け入れてもらうためのコツ8

シェアする

集団的圧力を使う

強引なやり方ですが、1人を説得するときに集団で圧力をかけるという方法があります。
注目・注意(小)例えば自分を入れて10人で会議をする予定だとします。その中にどうしても説得したいキーパーソンが場合、会議の前に根回しをして8人から会議の中で提案に賛同してもらえる約束を取り付けておくのです。

会議・話し合い

集団圧力

会議が始まって、自分を提案が議題に上ったとき、キーパーソン以外の人たちが全員その提案に賛同したとすると、残されたキーパーソンは強烈な集団圧力を感じてしまいます。
そうなると、自分の考えがその提案に対立するものであったとしても、言い出すことができなくなって、提案に同意してくれる確率がグンと上がります。

会議の前にキーパーソン以外のすべての人から同意を取り付けることはかなり困難な作業になりますが、今回の提案以外での利益を供与したり、その他の提案でその人に協力をしたり・・様々な駆け引きをすることでそれに近い状況が作り、キーパーソンを少数派に追い込んで、有利に話し合いを進めることができるのです。
つまり、自分の提案が通るかどうかは会議の前の活動に大きく影響を受けるということです。

もちろん、こうした多数派工作をしても意見の変わらない人もいるでしょう。
しかし、自分の意見だけがまわりと異なる状況で自分の主張を通すためには強い信念が必要です。
ですから、多くの人はこうした根回しで説得する異ができるでしょう。

もし、相手の信念が強く、この方法が通じない場合は、その人の信念がどんなものであるかを理解し、その信念に敬意を払い、認めた上で、自分の提案がそれ以上に有効であることを伝える必要があるでしょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。