頼みごとを受け入れてもらうためのテクニック2
頼みごとを受け入れてもらうための方法として「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」という方法を前回ご紹介しまいした。

今回は「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」という方法をご紹介します。

交渉成立

提案の仕方を工夫すると・・

この方法も頼みごとを受け入れてもらいやすくするためのテクニックですが、少し大胆さが必要になってきます。

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック

  1. 最初から本来お願いしたい頼みごとをするのではなく、これは受け入れてもらえないだろうという本来お願いしたいことより難易度の高い頼みごとをします。
  2. もちろんその要求が通ってしまえば良いのですが、難易度の高い頼みごとですからほとんどの場合断られてしまうでしょう。
  3. そこで、本来お願いしたい(簡単に引き受けてもらえそうな)頼みごとをします。

例えば、
友人に、これから◯◯市の◯◯会館まで車で乗っけてってくれないか?30分もあればいけると思うんだ頼むよ
と切り出して、友人が「ヤダよ、そんなとこまで・・自分でいけよ」と断ったところで、

じゃあさ、駅まで頼むよ。駅までなら5分で行けるよ。荷物多いからさ、車で送ってもらえると助かるよ。お願い。
と頼んでみるのです。

下がる

要求レベルを下げていくと・・

もちろん、これでも断られることはあるでしょうが、2つ目の頼みごとを受け入れてもらえる確率はグっと上がるでしょう。

受け入れにくい頼みごとの方から頼むことで、本来の頼みごとを承諾してもらいやすくすることができるのです。

  • この頼みごとの場合、2つの頼みごとにある程度のレベルの差があったほうが受け入れてもらいやすくなります。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。