説得までの段階

人が説得されるまでには段階があります。
ポイントこの段階を理解した上で、自分が今何をすることが必要かを考えて説得することで成功率が格段に上昇します。

  1. 興味を引き出す
    まず、相手が提案の内容に興味を持たなければ、どれだけ力説しても相手は相手は言葉を受け取ってくれません。
    まずは、相手にどうやって興味を持ってもらうかを考えましょう。
  2. 内容を理解してもらう
    伝えた内容、提案を相手が理解できなければ受け入れてもらうことはできません。
    そのために必要なことは
    ☆相手の人の理解力や特性(視覚タイプ、聴覚タイプ、身体感覚)に対応したできるだけわかりやすくやさしい内容にして伝えること☆相手にとって検討する価値のある内容、提案だと伝わること
が必要です。
  3. 受け入れてもらう
    興味を持って内容、提案を聞いた上で、
    ☆これまでの得ていた利益より、その内容、提案を受け入れた方が利益が増加すると相手が感じることで内容、提案が受け入れられます。

    階段

    説得までの段階を理解して説得しよう!

    「説得の受け入れの利益」
    ☆これまでより「不合理な面」が減少すること
    ☆これまでより「報酬」(金銭、物品、満足感、快適さなど)があること
    ☆受け入れることで「不利益の減少」を回避できること
取引の停止を回避できるなど

  4. 受け入れの記憶の保存
    説得の受け入れの利益が記憶が鮮明に残っていること
    記憶鮮明であればあるほど、それに基づいた行動が増加します。
    その行動が増加したことで説得の効果が現れ結果が出ることで説得が成功したことになります。

説得の段階を理解して、それに即した言動をとることで説得が成功する確率が格段に向上するでしょう。


このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。