人は誰でも傷つくことが怖い

一見強そうに見える人でも、活発に見える人でも、どんな人でも自分が傷つくのは怖いものです。
『そんなことはない!人を頭ごなしに怒る人や流暢に話す人もいるじゃないか!どれだけ嫌みを言ってもきにもとめないひともいるし・・』そんな風に思う方もいるかもしれません。

ポイント

ポイント

しかし、

  • 怒る
  • 怒鳴る
  • 話し続ける
  • 無視をする
  • 相手を言いくるめようとする etc

これらは、子供から大人になる過程で『自分が傷つかないために身につけた防衛策』なのです。
本人さえも忘れてしまって気づけなくなってしまっているかもしれませんが、幼くて深く傷ついた経験を元に見つけ、身につけてきた防衛策なのです。

ですから、「私は、あなたを傷つけるつもりはありませんよ」という意思表示として、世界中に色々な「挨拶」があります。

耐える

誰でも傷つくのが怖い

多民族国家であるアメリカなどでは、腕を開いて弱点であるおなかや胸をさらしてハグをするということで、その意思を強く示す習慣があります。

程度の差こそあれ、誰でも

  • この人は私を好きか?
  • この人は私を認めてくれるか?
  • この人は、私を理解しようとしてくれているか?

といったことを絶えず気にしながら話をし、否定され、心が傷つくのを防いでいます。

コミュニケーションで最も大切な基本

こうした事から、コミュニケーションで最も大切な基本は

  • 私はあなたを好きですよ!
  • 私はあなたを認めていますよ!
  • 私はあなたを理解しようとしていますよ!

といったことを伝えることです。

〇な女性

言葉以外の方法も使って思いを伝えましょう!

しかし、言葉でそれを伝えることはめったにありません。
ですから、ノンバーバルの表現も含め、「あなたの話を聞いていますよ」「理解しようとしていますよ」という意思を伝えるために「聞く技術」を含めた「相手を受け入れる姿勢の表現」がとても大切になってきます。

コミュニケーションスキルの一番の基礎は、

安心できる状況をつくること

なのです。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。