潜在意識に働きかけるノンバーバル

人間の意識には大きく分けると顕在意識と潜在意識の2つに分けることができます。
力関係は顕在意識10%に対して潜在意識90%と言われていますので、顕在意識の生み出す感情や感覚に逆らうことはよほどの強い意志がない限りできません。

ポイント潜在意識は普段自分で自覚している意識のことで、これに見つかった言葉で感情や感覚にそぐわないものは自分の中に取り入れることはありません。
自分の中に取り入れるとは普段は意識していない意識である無意識の中に入りこんで定着するということです。

つまり、相手の感情や感覚にそぐわない言葉をいくら投げかけても相手は全部はじき返してしまうということです。
つまりお互いに影響を与え合う良好なコミュニケーションにするためには、互いにポジティブな感情や感覚を持って潜在意識への扉が開いている必要があるということです。

こうした感情や感覚には、過去の人間関係や肩書き、会う前に得た情報から生まれる先入観なども影響を与えますが、言葉以外のコミュニケーションの要素であるノンバーバルがとても大きな影響を与えています。
なぜなら、ノンバーバルは普段意識していないので、顕在意識に見つからずに潜在意識の中に入っていくからです。

言葉とノンバーバルの違い

言葉とノンバーバルの違い

人間関係や肩書き、相手が会う前に得た情報を変えることはできませんが、ノンバーバルの意味を理解して、相手にノンバールを使ってポジティブなメッセージを送り続ければ、潜在意識にそのメッセージが届いて、相手にポジティブな感情や感覚が生まれてきます。

相手がそうした感情や感覚を持っていることで潜在意識への言葉の扉が開いてお互いに影響を与え合う良好なコミュニケーションをすることができるのです。
ノンバーバルの意味を理解して使いこなし、言葉を相手に届けられるようになっていきましょう。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。