人は自分独自の思い込み、ルールや基準に基づいて様々な事を判断しています。
そして、当たり前すぎてそれを持っていることにさえ気づかないものです。

もちろん、そうした「思い込み、ルールや基準」は、自分を守るために、あるいはより望ましく生きるために経験の中から作り上げてきたものですから、「悪いもの」ではありません。

しかし、環境の変化、自分の成長、時代の変化など様々な変化の中で、昔は「自分を助けてくれるもの」だったのが「自分を苦しめるもの」に変わってしまっている場合も少なくないのです。
カウンセリングのポイント

こうした「思い込み、ルールや基準」を見直すことでネガティブな気分や状態から脱出することにつながるのですが、見直すためには、普段当たり前すぎて意識していない「自分独自の思い込み、ルール、基準」を見つけて自覚する必要があります。

まずは、自分独自の思い込み、ルール、基準を見つけてみましょう!!

思い込み-ルール-基準を見つけるシートの記入例

認知行動療法-思い込み、ルール、基準を見つける

認知行動療法で使用する「思い込み、ルール、基準を見つける」シートの記入例

32:思い込み-ルール-基準を見つけるシートのダウンロード