驚愕を表す表情

口が開いて顎が下がる、眉がつり上がり上瞼は上に引っ張られる、目を大きく見開いているなどの特徴があります。弱い驚きの場合は目元だけ、強く驚いた時は目元と口元の両方の変化が現れます。
状況を把握するために目を見開いて、十分に呼吸するために口を開けます。肩を引き上げる、深呼吸などのノンバーバルと共に現れることもよくあります。

4分の1秒も経たないうちに消えてしまう表情を「微表情」といいます。微表情を見つけられるようになると、相手の考えや気持ちに気づくことが驚くほど上手になります。
中でも「歓喜」「怒り」「軽蔑」「嫌悪」が微表情で表れる場合は、大きなトラブルの予兆になる場合があるので気をつけましょう。
驚愕は微表情の中でも特に短い表情です。

英樹シャツ2