シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

人間関係のフォーカスポイント

シェアする


コミュニケーションバナー

相手のどへフォーカスしてますか?

コミュニケーションアドバイス
相手を褒める時、叱る時「人間関係のフォーカスポイント」の、どの部分にフォーカスするかによって効果が大きく変わってきます。
「人間関係のフォーカスポイント」とは、セルフイメージ、考え方、能力、行動、環境の5つです。

例えば、褒める時はできるだけ相手の中核部分、つまりセルフイメージや考え方などを中心に褒め、反対に叱る時は相手の外側の部分、環境や行動について叱るようにします。
こうすることで相手のセルフイメージや考え方を育てながら、相手のセルフイメージを守りながら、環境や行動の修正を促すことができます。

人間関係のフォーカスポイント

相手の中核を人の言葉で変えることはできません。
褒められたことによって、その考え方やセルフイメージを強化したり、環境や行動を変えることで「自分自身で気づいたこと」で変化していくのです。

相手を褒める時、叱る時は相手の成長を願いつつ、人間関係のフォーカスポイントに関わっていくと良いかを意識しましょう。



スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス広告