シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

自分を助ける計画ステップ7

シェアする


スキーマとは!?

アドバイスする女性ステップ7からは「生きづらさの解消」への取り組みを目指していきます。
本当の意味で生きづらさを解消するためには心の深い部分(潜在意識)にあって、その人のルールや信念、自動思考に強い影響を与えているスキーマを「生きづらさを生み出すスキーマ」(ペインスキーマ)から「生きやすさを生み出すスキーマ」(イージースキーマ)へと変化させていく必要があります。

なぜなら、生きづらい自動思考を生み出す元になっているのがペインスキーマだからです。
ペインスキーマが現在の生きづらさの大元になっていると言っても過言ではないでしょう。

スキーマと自動思考ペインスキーマの変化への取り組みは、体質改善への取り組みと似ています。
例えばあなたが便秘なりやすい体質だったとします。便秘になっても下剤を飲めば便は出るかもしれません。

しかし、下剤を飲んで便が出たとしても、またすぐに便秘になってしまいます。
もし、もう便秘になりたくなければ、腸内細菌のバランスを整えたり、食物繊維をふんだんに摂るために食生活を変えたり、適度に運動する習慣を身につけて数ヶ月〜数年という時間をかけなければなりません。

時間がかかっても体質を改善して便秘という症状をなくすためには時間が必要なのです。
自動思考へのアプローチは「下剤を飲む」という対処の仕方に似ています。

生きづらさを改善できる自動思考を発見してその場で気分を変えたとしても、また別の場面では同じように生きづらい自動思考が出てきてしまうのです。
スキーマへのアプローチをすることで「心の体質改善」を目指していきましょう。

スキーマチェンジ

ちなみに・・・

スキーマは10歳前後までの体験、思春期の強烈な体験、成人してからの生死を分けるような体験が生み出すといわれています。
その当時は自分を生きやすくするために必要だった(役立った)スキーマも、自分が成長して様々なことができるようになったり、環境・条件が変わったことで自分を生きづらくさせてしまっていることが珍しくありません。



058-388-8063

スポンサーリンク
アドセンス広告

コメント

  1. […] (潜在意識)にあるスキーマを「生きづらさを生み出すスキーマ」(ペインスキーマ)から「生きやすさを生み出すスキーマ」(イージースキーマ)へと変化させていく必要があることは […]

  2. […] さて、ここからは過去の経験で出来てしまった「ペインスキーマ」と向き合っていきます。 現在の生きづらさは現在の出来事を「ペインスキーマ」というサングラス(基本的な価値)を […]

  3. […] これから時間を追って過去の自分に会いに行くことでペインスキーマやイージースキーマがどのようにして生まれたを見つけに行きます。 まずは0歳から10歳までの自分年表を作りま […]

  4. […] は傷つき体験がペインスキーマ(生きづらさを生み出すスキーマ)として人生に悪影響を与えてしまう場合があるのです。 […]

  5. […] 「生きづらさ」を生み出すペインスキーマは5つに分類することができます。 […]

  6. […] 「生きづらさ」を生み出すペインスキーマは5つに分類することができます。 […]

  7. […] 「生きづらさ」を生み出すペインスキーマは5つに分類することができます。 […]

  8. […] 「生きづらさ」を生み出すペインスキーマは5つに分類することができます。 […]

  9. […] 「生きづらさ」を生み出すペインスキーマは5つに分類することができます。 […]

  10. […] 「生きづらさ」を生み出すペインスキーマは5つに分類することができます。 […]

  11. […] 「生きづらさ」を生み出すペインスキーマは5つに分類することができます。 […]

  12. […] 「生きづらさ」を生み出すペインスキーマは5つに分類することができます。 […]

  13. […] 「生きづらさ」を生み出すペインスキーマは5つに分類することができます。 […]

  14. […] 「生きづらさ」を生み出すペインスキーマは5つに分類することができます。 […]

  15. […] 「生きづらさ」を生み出すペインスキーマは5つに分類することができます。 […]

  16. […] とでペインスキーマからの影響は徐々に弱くなり、やがてはそのペインスキーマを手放し、自分を生きやすくする「イージースキーマ」を定着させることもできるようになるでしょう。 […]

  17. […] イージースキーマを手に入れたり、イージーステートを強めていくためには、ポジティブな出来事をたくさん自覚していることがとても役に立ちます。 […]