人は毎日沢山の事を考え、決断、判断しながら生きています。
しかし、そうした判断の基準になっているものが本当に合理的かどうかについてはあまり考えないものです。

 

例えば、「私が人に嫌われるのは太っているからだ」と判断している人がいたとします。
果たしてこの判断の基準はどれぐらい正しいでしょうか?

確かに太った人を好きでない方もいるかも知れません。
しかし、世の中には「太った人がとても好き」という人もいます。

合理的に考えれば、この判断の基準は一部あっているということになるでしょう。
何か問題が生じた時、効果的な対処をするためにはその原因や発生のメカニズムをできるだけ明確に把握し、合理的な対処を行うことが必要です。

カウンセリングのポイントですから、まず「根拠を検討するシート」を使って、その原因や発生のメカニズムに対する信念ついての根拠と反証を検討し、その明確に、合理的に把握してみましょう。

イメージ法を用いてその時の感情や思考を詳細におもいだしてみましょう。

根拠を検討するシートの記入例

認知行動療法-根拠を検討するシート

認知行動療法で使用する根拠を検討するシートの記入例

19:根拠を検討するシートをダウンロードする