シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

カウンセリングの予備知識・・防衛機制(摂取)

シェアする

防衛機制とその機能

防衛機制とは「心の安定をはかるための自我による無意識的な防衛」です。
防衛機制には、抑圧、昇華、投影、退行など様々なものがありますが、自分を守るために無意識のうちに行われます。

自分で理解できないような感情や衝動が起こるのは、防衛機制によって、無意識のうちに行っている心の操作の副作用かもしれません。
どんなものがあるのかを理解し対策を考えていきましょう。

摂取

  • 自分の中に自分以外のものを取り入れて心の安定をはかること

カウンセリングのポイント

投影と逆で、他者の中にある感情や観念、価値観などを自分のもののように感じたり、受け入れたりすることをいいます。
特に他者の好ましい部分を取り入れることが多くなります。

発達過程においては道徳心や良心の形成に役立ちますが、度が過ぎると主体性のなさに繋がったり、他人の業績を自分のことと思い込んで満足する(同一視)など、自他の区別がつきにくくなり、成長/自己変革がしにくくなってしまいます。

  • 大好きなスターの服装や好みを真似る
  • お母さんの口紅を真似て使ってみる

カウンセリング-摂取

成長過程の中で社会規範を学んだり、成長することに必要な防衛機制ですが、時折いき過ぎたり、暴走気味になったりします。

摂取と同一視(同一化)は同じと考えられがちですが、摂取は同一視(同一化)の前段階だと言えます。
摂取では自己と対象とがまだ区別されているからです。(同一視は、自己と対象の区別がなくなってしまっています)

この傾向が強すぎる人は・・・

自分の中に好ましいと思われる感情や観念、価値観などを取り入れるのは素晴らしいことですが、時折

  • 自分にとって大切なもの
  • 持っているのが当たり前すぎて気づかなくなっている大切なもの

を振り返り、確認したり、身近な人と話し合ってみようにしましょう。

自分が大切にしているもの、何を求めて生きているのか、自分が何を持っているのか・・など、「自分の現在地」を確認することが役に立つでしょう。