シェアする

店舗情報
058-388-8063
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み

ストレス免疫訓練法の具体的手続き

シェアする


ストレス免疫訓練法の3段階

SITでは手続きを3段階に分けて対象者に対して働きかけます。

面談・打ち合わせ 2

第1段階:ストレス概念の把握

対象者と支援者(カウンセラーなど)との協力的な関係を確立しながら、ストレスが感情やパフォーマンスに及ぼす影響の理解を促進していきます。
SITでは様々な知識を対象者に提供していきますが、この段階では概念的な知識提供が中心となります。

第2段階:技術の獲得とリハーサル

対象者が面談の場面や現実の場面で、さまざまな対処スキルを学び、それをリハーサルを通して身につけていくことに焦点を当てていきます。
ただし、個人内、あるいは人間関係に存在する妨害要因が、これまでに身につけてきた対処スキルの使用を抑制している場合もあるので、新しい対処技術を教えるだけでなく、それらの妨害要因を除去することも視野に入れておく必要があります。

第3段階:フォロースルー

獲得したスキルを使用し、スキルの定着、向上を目指すことを目指します。
また、フォローアップによる面談を継続する必要性や、今後起きそうな問題について検討すること、より高度な対処スキルを身につけていくことの必要性の有無の確認します。

これら3つの段階が全て行うことで、SITは高い効果を上げることができます。各段階におけるさまざまな手続きを一つ一つ丁寧に進めていくことが重要です。



基礎知識に関係するページのリンクです

スポンサーリンク
アドセンス広告

コメント

  1. […] SITでは手続きを3段階に分けて対象者に対して働きかけます。 […]

  2. […] SITでは手続きを3段階に分けて対象者に対して働きかけます。 […]

  3. […] SITでは手続きを3段階に分けて対象者に対して働きかけます。 […]