相手の言葉や言い回しが仲間意識を作る

心地よいコミュにケーションには仲間意識一体感が大切です。
自分とは遠い存在だと感じると、不安を感じたり敵意を持ったりしやすいからです。

ポイント

ポイント

仲間意識を作ったり、一体感を生み出すためには、相手が使う言葉を取り入れてそのまま使ったり、相手が使う言い回しを取り入れて使ってみるという方法はとても有効です。

相手の表現した言葉や言い回しを、自分が良く使う言葉や言い回しに置き換えて相手に伝える場面を良く見かけますが、こうした方法をとっていると相手との距離はなかなか縮まらないでしょう。

人は自分と同じものを見て、聞いて、体験した人に好感を示すものなのです。
心が不安定な思春期の真っ只中にいる女子高生が大人とは違う特別な言い回しや言葉を使うのも同じ体験をして仲間意識や一体感を持ちたいからだと考えられます。

小さな子供と話すときも子供の言葉を使って話す方が子供は安心して話してくれるので、知らず知らずのうちに子供の言葉をつかってはなしていますよね。

サッカーユニフォーム

仲間意識を育てよう

例えば・・

相手
ラーメン食べたらメッチャヤバイって感じでソッコーでフェイスブックにアップしたよ
自分
そのラーメンってそんなに美味しかったんだ。急いでフェイスブックに書き込んだんだ。

そのラーメンってそんなにヤバイって感じなの? アップしてどうだった?

普段使い慣れない言葉や言い回しを使うのはとても勇気が必要なことですし、恥ずかしいかもしれません。
しかし、コミュニケーションの基本は相手が安心できる状況を作り出すことです。心地よいコミュニケーションのために、勇気をもって相手が使った言葉をや言い回しを同じように使ってみましょう!

ちなみに、スポーツの世界や警察、軍隊、職場など、ユニフォームという同じ服をきることで仲間意識を育てたりします。
同じユニフォームを着ることでチームワークを高めようとします。

心理学ではユニフォーム効果といいます。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。