防衛機制とその機能

防衛機制とは「心の安定をはかるための自我による無意識的な防衛」です。
防衛機制には、抑圧、昇華、投影、退行など様々なものがありますが、自分を守るために無意識のうちに行われます。

自分で理解できないような感情や衝動が起こるのは、防衛機制によって、無意識のうちに行っている心の操作の副作用かもしれません。
どんなものがあるのかを理解し対策を考えていきましょう。

『抑制』

不安を感じるような物事について、意識的に考えないようにしたり、願っても手に入れることが難しいと思われることについて、考えるのを避けたりすること。

  • 嫌なことは忘れて楽しく考えよう
  • 悪いことは考えないで良い面だけを見て行こう
  • 楽しいイメージに浸って逃げる

こうした考え方は、良く使われる問題の解決のための方法で、こうすることで様々な場面で不快な状態を脱出することができます。
これが無意識的にいき過ぎて行われると「抑圧」になります。

『抑圧』

  • 嫌なことは忘れて楽しく考えよう
  • 悪いことは考えないで良い面だけを見て行こう

こうした考え方は、良く使われる問題の解決のための方法で、こうすることで様々な場面で不快な状態を脱出することができます。
しかし、「嫌なこと」「悪いこと」の程度があまりにも強くて、

自分ではどうにもならない、受け入れられない衝動を感じたり、体験した時、その衝動や体験を無意識の中に押し込めて、感じたり、思い出せない状況を作って自分を守ろうとする心の防衛手段を抑圧といいます。

これは、無意識のうちに行われますが、その衝動や体験から感じたことは、心理的な極度の緊張、ストレスの原因となったり、通常とは異なる判断や行為として現れることがあります。
抑圧

抑圧の事例

いじめられている子は、自分がいじめの対象となっていることを認めないという傾向があります。
「ジュース買ってこいよ」「カバンもてよ」とやりたくないことを日常的に押し付けられている子は、元気に返事したり、友達の様にふざけ合っている様な行動をして、嫌だという態度を表に出さなくなります。

ですから、周りから見て「いじめられている」とは気付かないことが多いのです。

  • 自分はいじめられていない
  • 友達なんだ

と無意識のうちに「いじめられている」という気持ちを心の中に押し込んで、自分の心の中の辛くて苦しい感情から自分を守っているのです。
しかし、そのことで、いじめられている時の自分の心の状態がわからなくなり、自分自身が正常な判断が出来なくなり、異常な行動や言動をするようになってしまうこともあるのです。

また、親から日常的に暴力を受け、体にあざが沢山ある子供に、その理由を聞いても答えてくれません。
自分自身の心の中に、その経験を抑圧しているため、自分の行動や衝動が理解できず言葉にできないのです。
虐待

中には、「抑圧」した気持ちを、「自分が悪いんだ」という考えで蓋をしてしまい、自分を責めているようなケースもあるのです。
このように、「抑圧」をおこなっていると、無意識のうちに気持ちを押し込んでいるので、外から見ても、自分自身も、なぜ行動や衝動に変化があったり、問題が起こっているのかが分かりにくくなってしまうのです。

自分自身を許せないような秘密を抱えていて「抑圧」することで自分を守っていると、人と接していると自分で理解できないような衝動や感情、行動が生まれたりします。

目の前で起きた悲惨な事故、大震災等の自然災害、殺人現場を偶然目撃するなどの体験した人も、その時の恐怖や衝撃が意識に登らせないように「抑圧」して自分を守ることもあります。
こんな場合、事故、災害、事件の時の事の前後を含めて忘れて思い出せなくなりますが、何気ない日常で、突然恐怖心が湧き上がってきたり、叫びたくなったり・・衝動、感情、行動が起きるようになります。

抑圧された心理状態を、自分自身で気付き、気付いた上で、別の見方を見つけ、受け入れ、認めていくことで、問題になっている衝動、感情、行動が起きなくなっていきます。
抑圧された不快な記憶や経験を思い出すこと、意識することは、とても辛いことですが、自分の心の中を意識し、受け入れていくことはとても大切なことなのです。