自分を苦しめる典型的な自動思考

自動思考とは、何かの折につけ自動的に頭に浮かんでくる考えのことで、認知行動療法によるカウンセリングでは一番最初に扱います。
この考え方のパターンが、その人の言動の基本になっていて、それが不利益をもたらす場合は見直す必要があります。

強すぎると不利益をもたらしてしまう典型的な自動思考のパターンを紹介していきたいと思います。

後悔思考

今できることに目を向けるのではなく、「自分はもっとうまくやれたはずだ」というように、過去にとらわれてしまうこと

  • あの時もっと努力していたら、今よりもいい仕事に就くことができたのに
  • あんな事をいうべきじゃなかった

過ぎ去った過去の出来事に目を向け、その悪い面ばかりにとらわれてしまう人がいます。
現在の悪い状況は全てその出来事や選択があったからだと考えてしまうのです。

この思考が強すぎると、変化させられない過去の出来事ばかりを考えてしまい、結果の出ない思考を繰り返しすることで疲れてしまったり、必要な選択について消極的になってしまったり、あるいは選択できなくなってしまったりします。

そのことで現在の状況をさらに悪化させてしまうことも多いのです。
後悔思考

この思考の傾向の強い人は・・

「あらゆる出来事の中にある長所や学び」について考えてみるのも良いでしょう。
一見良いことが何もなかったかのように感じる出来事や選択の中にも良かった点、次に活かして人生を豊かにするためヒントが隠れています。

それを紙に書き出してみましょう!!

また、自分の感情状態を把握することで自分がどんな感情になっていることが多いのかを具体的に把握してみることも有効です。
毎日を過ごす中で、感情や気分、気持ちについて意識を向けることは案外少ないものです。

頭の中はやるべきこと、できないことなどの事柄で一杯です。
感情状態について気づくことは、心の状態に対する存在と価値を自分自身のなかに作り出す作業です。

ですから、感情のリストアップをして見みましょう。(感情と事柄や考え感覚、外部の状況を分けましょう)
感情に関する認識が低下するとネガティブな状態を長く継続してしまう傾向があるようです。

自分の感情についての興味と感性を高めていきましょう。

このリストを作成すると、マイナス感情のリストアップの方が容易で、マイナス感情のリストアップ表ばかりが一杯になってきます。

ほとんどの人間が通常の生活でマイナス感情で生きているのが理解できるはずです。

人間は、1つの感情で形成されているわけではありませんので、プラス感情が2つあって、マイナスの感情が5つあればネガティブな状態に傾いているといえるでしょう。
ゴルファーなら1ショットごと、ボクサーなら1ラウンドごと、ビジネスマンなら1時間ごとや出来事ごとに自分のフロー状態を見つめる習慣を形成すると良いでしょう。

感情のリストアップ

感情のリストアップ
プラス感情・気分・気持ち マイナス感情・気分・気持ち
感情や気分や気持ちを言葉に表現してみる ☆自分の心を表す「感情」気づいてみましょう。

体の感覚に意識を向ける

さらに、後悔思考の人は現在を感じること、今この瞬間を感じることが苦手なようです。
体の感覚に意識を向ける練習をしましょう。ヨガやボディースキャン、坐禅、瞑想などがお勧めです。