自分を苦しめる典型的な自動思考

自動思考とは、何かの折につけ自動的に頭に浮かんでくる考えのことで、認知行動療法によるカウンセリングでは一番最初に扱います。
この考え方のパターンが、その人の言動の基本になっていて、それが不利益をもたらす場合は見直す必要があります。

強すぎると不利益をもたらしてしまう典型的な自動思考のパターンを紹介していきたいと思います。

不公平な比較

自分よりできる人(側面)ばかりに注目し、彼らと自分を比較する事によって、自分が劣っていると決め付ける事

  • 彼女は私より仕事ができる
  • 彼女は社交的でとっても魅力的だ

人生とは、元々不公平にできていて、仕事ができて、性格も良く、育ちも良くて品が良いなんて、一見、非の打ちどころがないような人もいます。
どんなことにでも例外はあるものです。

しかし、「不公平な比較」が強い人は、常に他者の一番いい所と自分を比べて、自分が劣った人間であると決めつけてしまう傾向があります。
どんな人にも長所はあり、その部分では他者よりも優位で合ったりするものですが、周りの人全ての長所と自分を比べれば自分ができない事ばかり、劣っていることばかりと感じてしまい、傷つき、気力を失ってしまいます。
不公平な比較

こうした傾向が強い人は・・

「不公平な比較」の傾向が強い人は、「自分の長所」についてしっかりと認識することが大切です。
自分のできない事ではなく、できることに注目してみましょう。

自分で見つからない場合は、勇気をもって周りの人に自分の良い所、長所は何かを聞いてみるのも良いでしょう。
また、短所と長所は必ずセットになっていますから、以下を参考に、自分の短所とセットになっている長所を探してみましょう。

長所を探すテクニックを知ろう!!

『ディズニーのキャラクターくまのプーさん』

くまのぷーさんは、いつもハチミツを探して、食いしん坊、そしてノロマな感じがします。
そんなプーサンについて「魅力は何ですか?」こんな質問をすると、

  • 癒し系
  • 平和
  • 優しそう
  • おだやか

と答える人が多いようです。

その人たちに、もし、「プーさんがウッドペッカーみたいに素早く動けたら、どう思う?」と聞くと、ほとんどの人が、こう答えます。

  • 可愛くない
  • 癒されない
  • 平和じゃない

つまり、「ノロマ」(短所)な感じと「癒し系、平和、優しそう、おだやか・・・」(長所)はセットになっていて、短所が消えると、長所も消えてしまうということなのです。

短所と感じていることとセットになっている長所をみつける練習をして上手になれば、長所と短所の両方を公平に見て、自分がどうありたいかを考え、短所を受け入れるか、克服するかを選べるようになるでしょう。