【自分を苦しめる典型的な自動思考】

自動思考とは、何かの折につけ自動的に頭に浮かんでくる考えのことです。
この考え方のパターンが、その人の言動の基本になっていて、それが不利益をもたらす場合は見直す必要があります。

強すぎると不利益をもたらしてしまう典型的な自動思考のパターンを紹介していきたいと思います。

『読心術』

十分な根拠がないのに、他人の考えを自分が知っていると思い込んでしまう事を読唇術と言います。

  • あの人は私を嫌っている
  • 挨拶しても返ってこないのは、私を見下しているからだ

といった具合に、相手の心の状態や考えを十分な証拠がない状態で自分なりに読み取り、それを真実だと思い込んでしまう思考の癖です。

ある程度の強さであれば、問題が起きることも少ないのですが、例えば自分に対する評価が低いような場合は、全ての原因を「自分に価値がないから」、「嫌われているから」といった具合に読み取り、行動が制限されたり、過度にストレスを抱え込んでしまうようになります。

読唇術

こうした傾向が強い人は・・

非機能的思考記録表(DTR)を使うなどをして、原因を1つに決めつけず、色々な角度、立場から状況を考え、判断する練習が必要です。
また、自分や他人、社会の評価などを、改めて考え直したり、人と話したりすることも必要です。

挨拶をしたが返ってこなかった=事実 自動思考A:あの人は私の事嫌いなんだ
自動思考B:聞こえなかったかも・・
自動思考C:悩み事でもあるのかな?

など、色々な角度から考えてみましょう。