認知の構造

以下の会話を見てください。母親と幼稚園児ぐらいの子供をイメージしていただくと良いでしょう。

母:にんじん食べなさいよ

A:笑う(ママは私の元気でいだと嬉しいんだ。ママは僕の事が好きなんだ。)
B:泣く(私はにんじんを食べられないダメな子なんだ。ママに嫌われちゃう。)
C:怒る(ママだって納豆嫌いなのになんで私だけ…。)

お母さんの「にんじん食べなさいよ」という同じ問いかけに対して、3人とも違う考えが頭に浮かんでいます。
このように最初に自動的に頭に浮かんでくる考えの事を自動思考と言います。

つまり、
状況 ⇒ 認知  ⇒ 感情・行動生理反応
という順番で感情が浮かんでくるわけで、状況が直接感情・行動生理反応を決めるわけではないのです。

ですから、この自動思考を見直すことで、感情や体の感覚に変化を意図的に起こすことができるようになります。

この自動思考がどうして人によって異なるかは、いわゆる考え方の癖ですが、これまでの経験やそれに基づいた自分や他者、社会に対する判断(スキーマ)、それに基づいた自分なりのルールや思い込みによって生まれてきます。

ルールや思い込み、スキーマを見直すことで、自動思考は変化しますが、そのためには、まず、自動思考を見直すことで、感情や体の感覚に変化が起きることを体験していく必要があります。

今日からしばらく、典型的な自動思考について考えていきたいと思います。
認知の構造