【問題や悩み解決の原則】

何か問題や悩みが生じた時、その問題を色々な要素に分けて、対処できるレベルまで小さく小分けしていくことが原則です。
基本的には、状況/環境、認知方法、行動、気分/感情、身体的問題の5つに分かれますが、必要に応じて、未来(変化や目標について)や過去の問題(捉えなおし)や悩みの見直しが必要になってきます。

例えば、「人と話すのが苦手」という問題があった時、

【状況/環境】 【認知方法】 【行動】
普段から1人で過ごすことが多い
人と話した経験が少ない
会話のスキルに自信がない
返事や相槌が下手
挨拶するのに緊張する
Etc
僕にはいいところが何もない
人は僕を馬鹿にしている
普通~なのに、~だ(ストレスを感じやすい考え方の癖)
Etc
人と会うと目をそらす
時間にルーズ
ガサツ
Etc
【イメージ・感情】 【身体】 問題を引き起こしている要素は沢山あるのです。
人と仲良くするイメージができない
緊張しやすい
呼吸法
リラクセーション法
人に会うことを考えると圧迫される
Etc
いつも下を見ている
猫背
体調がいつもすぐれない
寝不足
Etc

まだまだ、細かく分けることができるでしょうが、「体調がすぐれずイライラしやすいので人といるとストレスを感じる」と言う場合、性格を見直すより、一日の生活スタイルや食事、運動量などを見直した方が良い場合もありますし、普段の心拍数が高くて緊張を人より強く感じてしまう人などは、運動や食事を見直した方が良い場合もあります。

ですから、原因を自分の性格と決めつけず、5つの分野(場合によっては7つの分野)で問題を細かく分け、対処できるレベルに分け、対処法を考えていくことで問題や悩みを解決していくことができるのです。
問題や悩み解決の原則